北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

冷え性対策を学ぶ【新冠】

【新冠】町内朝日の就労支援事業所B型・Cafeゆるり(特定非営利活動法人・みんなの家ひだまり、杉田友子代表)で12日、オレンジカフェ「寒い冬を乗り越える!冷え性対策講座」が開かれ、町保健福祉課の小森千聡管理栄養士の食事をテーマにした話を聞きながら冷え性対策の理解を深めた。

 Cafeゆるりでは、2020年1月から高齢者を対象に「認知症カフェ」を開設。新型コロナの影響で休止していた期間もあるが、毎月、健康講座や季節の料理講座、動物カルタ、チェンバロ(鍵盤楽器)、マンドリンの演奏会などを実施している。

 この日は、小森管理栄養士を講師に男性1人、女性6人が参加した。

 からだを温めて冷え対策では、食事や食材の観点から講話。「食べることで温めること」、「動くことで温めること」を説明。食べることでは①朝食をとることで代謝が活性化され、体温が上がる②たんぱく質をしっかり摂ることで、体温と免疫力を上げる③あったか食材の活用では、ニラやネギなどの香味野菜、ショウガ、トウガラシなどが体を温める効果があると説明したあと、家事や掃除、散歩、ストレッチ、マッサージなどの運動をすることでも体が温まると話した。

 小森管理栄養士は、「日常生活の中に冷え性対策を取り入れてほしい」と呼び掛けたほか、ショウガと牛肉、ナガイモ、ゴボウを使った「からだぽかぽかレシピ」も紹介。休憩タイムのお茶会では、それぞれの食事の話題で、楽しい時間を過ごしていた。

 Cafeゆるりの筒田凡枝(なみえ)さんは、次回の2月9日は「~自分へのご褒美~チョコレートパフェ作り」を企画しており、「気軽に参加して、楽しい時間を過ごしてほしい」と参加を呼び掛けていた。

 同カフェは送迎にも対応している。問い合わせは、Cafeゆるり(☎0146・47・3762)へ。

小森管理栄養士(左から2人目)から冷え性対策の話しを聞く参加者たち

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス