北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

街並み彩る好きな「函館カラー」は? 函館島21日まで募集【函館】

「函館カラーといえば、カトリック元町教会の屋根やナナカマドの実の色が思い浮かぶ」と話す蒲生代表

 まちづくり事業を手掛ける函館島(本社・末広町、蒲生寛之代表)は函館に似合う色を探すプロジェクト「函館カラーを見つけよう!!」を展開している。建物や風景、イメージから函館にふさわしい色を市民から募集して「函館カラーパレット」をつくり、主に西部地区の建物の改修事業などに役立てていく。

 同社はローカルライフを彩る企業として、箱バル不動産の代表でもある蒲生代表(38)と、色彩計画家でコトナ(東京)代表の片岡照博さんが2020年11月に設立。函館山周辺の旧市街を一つの島と見立てて、地域に根ざした暮らしを発信する。

 同社は厳しい環境基準がある豪の塗料メーカー「ヘイムスペイント」の北海道地区の代理店でもあり、色に関わるプロジェクトとして企画した。旧函館区公会堂に代表されるペンキで塗られた建物ばかりではなく、レンガの色や、函館山、函館湾といった自然の色も想起しやすく、蒲生代表は「西部地区にはカラフルな建物による町並みが既にある。ペンキとの相性もいい」と話す。

 募集する函館カラーから数色を選定後、実際にペンキとして用意し、今後の建物改修事業や塗装ワークショップなどで活用していく計画だ。

 蒲生代表は「(新たな色に塗られていくと)街の人にも分かりやすく、変化を感じやすい。ペイントカルチャーを確立させていきたい」と話している。

 専用の応募フォーム=二次元コード参照=から、好きな函館カラー、エピソード(理由)を添えて申し込む。色に関連し、参考になる画像を添付することも可能。21日締め切り。プロジェクトに協賛する企業提供の商品が抽選で当たる。問い合わせは(h.gamo@hakodatejima.com)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...