北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアップする。新型コロナウイルス感染拡大防止へ、密を招きやすい「ドーム型」や滑り台などは制作せず、休憩所や売店の開設、ステージ発表も見合わせる。

開幕に向けて氷像制作が大詰めを迎えた氷濤まつりの会場

 実行委事務局の千歳観光連盟によると、氷像は昨年11月に骨組みを設置後、12月下旬からスタッフ13人が24時間態勢で、氷像に霧状の湖水シャワーを掛けて氷を「太らせる」(担当者)作業を続けている。22日までに約8割が完成したという。

 作業員らが風向きや気温、氷の付き具合を見ながらシャワーの高さ、位置を調節。氷像に厚みを加えている。十分に大きくなったら危険なつららなどをハンマーなどで除去し、開幕を持つ。

 会場には全体を一望できる展望台や氷の滝などが並ぶ予定でこのほど、入り口付近に高さ13メートルの「ブルータワー」5基がお目見えした。担当者は「氷像の造形美を鑑賞できる氷の美術館をぜひ楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 まつりは2月23日までで各日午前10時~午後8時。入場料は高校生以上500円、中学生以下は無料。ライトアップは午後4時半から同8時まで。

 感染症対策として、入場者全員の検温を実施。混雑状況によっては入場制限を行う。子ども向けのアトラクションやイベントステージなどは見合わせ、恒例の夜の花火も中止する。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...