北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

気性穏やか 飛越も得意 畜大馬術部に「中間種」【帯広】

OB会が帯畜大馬術部に寄贈した中間種「チェリーラブ」(写真はOB会提供)

 帯広畜産大学馬術部OB会(中曽根宏会長)は今年度、創立50周年を迎えた。記念事業として、馬術部が全国大会で活躍できるよう、馬術競技に適した「中間種」の馬1頭を寄贈した。中間種が同部に来るのは約30年ぶり。OB会は、3度の全国優勝を誇る名門の復活を願っている。

 同馬術部は大学が創立された1941年秋に「騎道班」として誕生。部の卒業生は330人を数える。67年に設立されたOB会は、部の遠征や部誌の発行費用などを支援している。

 馬術部に在籍する馬はこの30年近く、サラブレッドばかりだった。サラブレッドは引退した競走馬を無料で引き取り、馬術用に改めて調教している。ただ、全国大会に出場する私立大学は財政的に恵まれ、気性が穏やかで飛越も得意な中間種を購入している。帯畜大は全国大会で3回、団体優勝しているが、74年以降は遠ざかっている。

 名門復活への願いを込めOB会が寄贈したのは、中間種「チェリーラブ」(雌、4歳)。9月上旬に同大に到着し、調教が進められている。馬術部の小嶺壱慶主将(4年)は「寄贈はありがたい。サラブレッドに比べ、中間種は騎手の指示を聞き入れやすい」と実感する。

 OB会事務局の柏村文郎・元帯畜大教授は、部員の技術はあってもサラブレッドで全国大会を戦うのは限界があるとし、「今後も中間種の導入を進めたい」と話す。30日に贈呈式を行う。この寄贈馬を含め、馬術部に在籍する馬は13頭となる。

 馬の種類は多様で、サラブレッドは軽種、ばんばは重種に区分される。

関連記事

室蘭民報

「紋鼈寺」で隣接の会館焼く、けが人なし【伊達】

 13日午後1時ごろ、伊達市末永町の紋鼈寺(奥田正教住職)に隣接する鉄骨造り2階建て、延べ約960平方メートルの同寺会館2階から出火した。火は1時間45分ほどで鎮火した。けが人や延焼はなかった...

室蘭民報

空手・修武會の4人が全道で大活躍【室蘭】

 室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の4 選手が、北海道空手道選手権大会極カップ第20回記念大会で上位入賞した。  初出場の石川天晟(室蘭工業大建築社会基盤系学科1年)は一般初・中級でい...

室蘭民報

楽天社員がネットショップで成功する戦略紹介【室蘭】

 日本政策金融公庫創立10周年記念セミナーwith室蘭商工会議所「ネットショップを成功に導く3つのポイント」が13日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれ、楽天(東京)の奥村宏也ヴァイスマネージャ...

室蘭民報

緑丘高1年生が会社経営の卒業生らに取材【伊達】

 伊達緑丘高校(桑井美彦校長)の1年生約140人が、インタビューの手法を用いて、まちの価値や魅力を形作っている人々の存在に迫るワークショップに臨んだ。社会の第一線で活躍する卒業生らに取材し、印...

室蘭民報

幌別川にハクチョウ飛来、水面をすいすい【登別】

 登別・胆振幌別川に今年も越冬でシベリアからハクチョウが飛来している。例年と同じ10月下旬から訪れており、市民らに本格的な冬の訪れを告げている。同河川では、オオハクチョウとコハクチョウが十数羽...