北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

二海サーモン水揚げ11・8トン 魚体サイズ良好 熊石漁港【八雲】

二海サーモンの水揚げ作業を進める漁業者(八雲町提供)

 【八雲】町がひやま漁協熊石支所サーモン養殖部会(高橋聖治部会長)と連携して取り組むトラウトサーモン(ニジマス)の海面試験養殖「北海道二海サーモンプロジェクト」で、12日に熊石漁港で水揚げがあった。前年の2・5倍超の11・8トン(速報値)を水揚げし、魚体重が出荷サイズの3キロを超え良好。新たな水産資源づくりに期待が膨らんでいる。

 試験養殖は2019年12月に始め、今年で3年目。日本海側の熊石地区は主力魚種のスルメイカやスケトウダラ、秋サケの漁獲不振が続いており、漁業経営の安定と地域の活性化を図るため、回転ずしなどのネタとして人気のトラウトサーモンを養殖し、北海道で初となる道産サーモンの事業化を目指す。熊石漁港では、20年6月に2・5トン、21年6月に4・2トンと順調に水揚げ量を伸ばしている。

 今回、昨年11月に青森県の業者から導入した幼魚4000匹を直径20メートルの円形いけす1基に入れ、給餌してきた。漁業者が午前4時すぎから準備に取り掛かり、大きく育ったサーモンを電気たもを使い、いけすからすくい上げた。町サーモン推進室の田村敏哉室長は「大部分が目標の3キロを超え、4キロ、5キロのものもあり、魚体サイズは十分。脂の乗りもいいので、ぜひ味わってほしい」と話している。

 この日は、熊石地区の住民に270匹を販売したほか、イオン北海道は13~15日に実施する「道産デー」で、12日に水揚げした「北海道二海サーモン」を生で販売する。函館を含む道内のイオンやマックスバリュの店舗で購入できる。

 噴火湾側は、落部漁協青年部と連携し、落部漁港東野地区でサーモンの試験養殖を進めている。八雲町はサーモン海面養殖の道内トップランナーで、来年から本格出荷、2024年以降、種苗出荷のスケジュールを描いている。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...