北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

扇子でシンクロベリーダンス 中井さん三浦さんペア「初代女王」【十勝】

 十勝管内のベリーダンススタジオ「Desert Rose」のインストラクター中井由佳さん(38)=帯広=と、ダンサーの三浦聡美さん(36)=幕別=の「YUKA&SATOMI」ペアが、ベリーダンスの競技会「東京Belly Vacances vol.8」に新設された「ファンベール部門」の初代チャンピオンに輝いた。2人は優勝を励みに「これからもダンスを通して感動を届けたい」と意気込んでいる。

ファンベール部門で初代チャンピオンに輝いた(左から)中井さんと三浦さんペア

 ベリーダンスは、おなかの動きが特徴的で世界最古の踊りとも言われる。中井さんは約15年前、三浦さんは13年ほど前に始めた。

 出場した競技会は、国内ベリーダンス界で有名な大会。ファンベール部門は、長さ約140センチのシルク布が付いた扇子二つを持って踊る。空中に投げたり回転するタイミングを合わせるなど、シンクロ率の高さが求められる。

 2人は約8年前にファンベールの指導を受け、これまでもイベントなどで披露してきたが、ペアを組んで大会に出場するのは今回が初めて。1次の動画審査を経て、2日に東京で最終審査が行われた。

 本番は緊張しつつも、楽しむ気持ちを大切にした。思いがけない優勝に中井さんは「メダルを持ってもいまだに人ごとのよう」。三浦さんは「びっくりとうれしいのとで、涙がうるっと…」とかみしめる。

 2人は所属するスタジオで出会う10年前に、同じジャズダンス教室に長年通った仲。「多くを語らなくても分かるというか、リズムの取り方や回転が自然と合う」(中井さん)。あうんの呼吸が生んだ優勝だ。

 華やかさときれのある動きを兼ね備えたファンベールの魅力は、何よりも「会場が盛り上がってくれること」だという。今後も活動を通じて、さまざまなベリーダンスの世界を伝えていく。三浦さんは「コロナ禍だからこそ、気持ちが動くような感動体験をしてもらいたい」と話している。

 イベント出演、慰問などの依頼は中井さん(bellydance.yuka@gmail.com)へ。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス