北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

伝統の田植えに汗 途別小【幕別】

泥んこになりながら田植えを行った子どもたち

 幕別の途別小学校(舘英樹校長、児童27人)で19日、同校伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら米作りの過程に触れた。

 途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされるが、1986年に最後の水田がなくなった。それを機に米作りの記憶を未来の世代に受け継ごうと、翌87年から同校でもち米の栽培を始めた。

 この日は、同校の約1アールの水田に、もち米の品種「きたゆきもち」の苗を植えた。児童26人に加え、コロナ禍の影響で参加を控えていた地域住民約30人も3年ぶりに立ち会った。

 子どもたちははだしで田んぼへ。「コロ」と呼ばれる木製の道具を転がして目印を付け、1列に並んで苗を植えた。6年の男子児童(11)は「田んぼはぬるぬるしていた。収穫した米で餅を食べるのが楽しみ」と話していた。

 久々に田植えに立ち会った途別長寿会の櫻井政俊会長(74)は「こうした経験は毎年やらないと子どもたちの中で続かない。今年は過去最高の収量だった去年以上の収穫を期待したい」と目を細めた。

 9月に稲刈り、12月に餅つきを予定している。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス