北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ダイナックスがワイン生産 ブドウ栽培着手、25年ワイナリー開設へ

自動車部品製造のダイナックス(本社千歳市)がワイン事業に新規参入した。道内の工業系製造業者がワイン生産に乗り出すのは初めてで、安平町で原料のブドウ栽培に本格着手した。2025年にはワイナリー(ワイン醸造所)の開設を目指しており、胆振東部地震で被災した町の活性化につなげたい考え。ワインを安平の特産品にするため、19日には町と包括協定を結んだ。

追分地区の畑で行われたブドウの苗木の記念植樹

 同社は、ガソリン自動車に不可欠なクラッチ板を製造する大手部品メーカー。世界的に電気自動車の開発が進み、部品業界にも変革の波が押し寄せる中、同社は従来の業態に加えた新事業を模索。北海道の主要産業・農業に着目し、ワイン製造に新規参入する方針を決めた。生産場所は、本社を置く千歳市や部品製造工場のある苫小牧市に近い安平町にした。

 昨年は町追分地区の畑でワイン用のブドウ8品種110本を試験栽培。その結果、ブドウ栽培に必要な気温と日照時間を確保できるほか、木を越冬させるための積雪量も十分にあることを確認した。今年は2ヘクタールの畑に「シャルドネ」「ピノ・ノワール」「ケルナー」など15品種の苗木約3000本を植え、さらに来年度は1万本、24年度には1万5000本と規模を拡大していく方針。ワイナリーの建設地については、町と協議し、複数の候補地の中から選定するという。

 包括協定には、同社がワイン事業を震災復興や地方創生につなげ、町は特産品としてPRすることを盛り込んだ。追分公民館で締結式を行い、伊藤和弘社長と及川秀一郎町長が協定書に署名した。その後、追分地区の畑で苗木の記念植樹を行った。

 伊藤社長は「まったく業種が異なることへのチャレンジ。安平の地でワインをブランド化させ、価値を高めていきたい」と意欲を見せた。町は産業・経済の振興をはじめ、地元特産品のチーズとワインを掛け合わせた食文化を創出し、安平の新たなファンの獲得を目指しており、及川町長は「さまざまな相乗効果が地域に生まれ、安平町ブランドが世界にとどろくことを期待したい」と話した。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス