北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

野草茶製造を機械化 寄付や助成金活用 フロンティア 白老

白老町の社会福祉法人ホープは、同法人の多機能型事業所フロンティア(町萩野)に健康野草茶の製造に使う乾燥機などを導入し、茶葉の量産体制を整えた。町虎杖浜で「ナチュの森」を運営するナチュラルサイエンス(本社東京)からの寄付や、ヤマト福祉財団(本部東京)の助成金の計約1000万円を活用した。

ヤマト福祉財団から助成を受け、野草茶の量産体制を確立させたフロンティアの関係者

 同財団は乾燥機、焙煎機、真空包装機、中古トラクター部品の費用などとして500万円を助成。6日に贈呈式がフロンティアで行われ、ヤマト運輸の千歳主管支店長を務める北川淳也さんからホープ常務理事の佐藤春光さんへ目録が手渡された。

 一方、基礎化粧品メーカーのナチュラルサイエンスは、野草茶を生産するフロンティア敷地内の建屋の改修費などとして約500万円を同法人に贈った。

 フロンティアでは、10年ほど前からアイヌ民族が伝統的に飲用したとされるタデ科のイタドリやシソ科のエント(ナギナタコウジュ)の乾燥茶葉を手作業で製造してきた。6年前から町石山の農地で試行錯誤を重ねて原料を栽培。安定した収穫量を確保できるようになってきたが、茶葉の量産体制に向けた製造工程の機械化が課題となっていた。

 乾燥機の導入によって2時間で約10キロの茶葉を乾燥させることができるという。佐藤さんは「今後、野草茶の販路開拓に力を入れていきたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

勝毎花火大会とばんえい最終レースがコラボ!?【帯広】

 13日のばんえい競馬最終レース(午後8時45分発走)と、勝毎花火大会のグランドフィナーレのタイミングが偶然にも一致し、帯広競馬場で見事な動画が撮影された。  撮影したのは、ティワイネットば...

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

函館新聞

ブルーベリーふんだんに アイスとスムージー人気【函館】

 夏真っ盛りになり、ブルーベリーファーム・ホンダ(函館市陣川町、本田利春代表)が販売するブルーベリーを使ったデザートが人気を呼んでいる。アイスクリームとスムージーの2種類で、暑い夏に最適のスイー...

函館新聞

スケボー、クライミング楽しむ 函館市が施設整備に向けイベント【函館】

 函館市が主催するスケートボードとスポーツクライミングの体験会「アーバンスポーツイベント in ハコダテ」が13日、市内3会場で始まった。初日は子どもたちを中心に180人が参加。インストラクター...