北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

牛のげっぷメタン削減 可視化システム構築へ【東京】

 全国肉牛事業協同組合は東京農業大と共同で、肉用牛生産における温室効果ガス削減の可視化システム構築に取り組む。牛のげっぷに含まれるメタン削減に向け、メタン抑制が期待される飼料を与えて効果を検証する。ノベルズ(上士幌)の音更農場などで実証する。

肉牛協組と東農大が連携 ノベルズ音更農場で実証

温室効果ガス削減可視化システム構築に取り組む関係者。左端は延与シニアマネジャー

 同組合によると、国内の温室効果ガス排出量のうち、畜産由来が占める割合は約1%。温室効果ガス削減が求められる中、牛のげっぷが問題視されることもあり、科学的知見を集めて可視化システムを構築して対応方向を提示する。事業は今年度から3年間で、日本中央競馬会畜産振興事業を活用する。

 実証では、人工ルーメン(第一胃)を使った研究でメタン低減効果が確認されたカシューナッツ殻液を混合した飼料を与え、げっぷに含まれるメタン濃度を測定。ノベルズ音更農場を含む全国3カ所の実証牧場で、黒毛和種と交雑種100頭を対象に、牛群ごとに飼料の量を変更して学術データを収集する。

 また、堆肥処理過程で発生する一酸化二窒素の削減を図るため、3種類の堆肥処理システムを用いて早期好気性発酵処理の効果を測定する。

 17日に都内で事業説明会を開き、同組合の中林正悦理事長は「数字に基づく知見を集め、理解と共感を得られるよう発信したい。科学的根拠が明らかになったものから着実に進めたい」と語った。事業に協力するノベルズの延与猛シニアマネジャーは「持続可能な牛肉販売のため、メタン削減は常々考えていた。メタン問題の改善につながれば」と期待した。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス