北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

“スタミナギフト”「肉丼」開発 物産協会と東洋食肉販売【帯広】

  帯広物産協会(小倉豊会長)が、新商品として豚肉や鶏肉、ハンバーグなどを詰め合わせたギフトセット「十勝の彩スタミナNIKUDON(肉丼)」を開発し、販売している。

新商品の「NIKUDON」を紹介する東洋食肉販売の片山所長

 「NIKUDON」は帯広産豚の切り落とし200グラム、道産鶏の角切り200グラム、道産豚肉と道産牛肉のつくねハンバーグ120グラム=いずれも2パック=と、特製スタミナ一味やたれ2種類を詰め合わせたギフト。

 フードバレーとかちをPRするため、帯広市のふるさと納税品として取り扱ってもらおうと、同協会と東洋食肉販売十勝事業所(片山丈浩所長)が企画、開発した。肉のみならず、特製スタミナ一味の配合やたれの開発・製造まで全てを東洋食肉販売が行った。肉はあえて、ロースやステーキではなく、ギフトでは珍しい切り落としや角切りを使用。鶏丼や豚スタミナ丼、バーベキューなど、購入者が好きに調理できる汎用(はんよう)性があり、高価格な部位を使用するより安価においしい肉が提供できるとする。

 東洋食肉販売の片山所長は「帯広産、道産の肉を使い、特製のたれやスタミナ一味も手作りした。手作りなので製造数は多くないが、良いものができた」と自信を見せる。

 同協会の木戸善範事務局長は「今回は帯広産に限らず道産の肉を使用した。今後は道内との連携を強め、十勝ブランドだけでなく北海道ブランドの発展にも力を入れたい」と語った。

 価格は4800円(税・送料別)。とかち物産センター(帯広市西2南12、エスタ東館2階)で17日から販売しており、27日からはハピオ(音更町木野大通西7)でも取り扱う。帯広市のふるさと納税の返礼品は、現在インターネットサイトの手続き中で、6月末から7月初旬の開始を予定。1万5000円の納税への返礼品となる。

関連記事

十勝毎日新聞

旭山学園自慢の十割そば 17日そば店開店【清水】

 清水町内の社会福祉法人清水旭山学園(鳴海孟理事長)が運営する多機能型事業所「旭山農志塾」は、町南4ノ9の国道274号沿いで、そば店「石臼挽き十割そば農志塾」を17日にオープンする。そばの提供の他...

十勝毎日新聞

無農薬ワイン 今年も完成 「赤」2種新登場 あいざわ農園【帯広】

 あいざわ農園合同会社(帯広市以平町西9線21、相澤一郎代表)は、自社農園で無農薬栽培した2021年産ブドウを使って自家醸造したワインをこのほど完成させた。今年は新たに赤ワイン2種が加わり、ロゼワ...

十勝毎日新聞

最高賞に白樺ジンギスカン 創業65年の味 評価に喜び【帯広】

 味付け羊肉の需要拡大を目的とした初の「味付ジンギスカングランプリ」で、最高賞のグランプリに有限会社白樺(帯広市)の「白樺ジンギスカン」が選ばれた。全国から集まった68商品からの選出に、同社の酒井...

十勝毎日新聞

レトルトカレー 全国の50種並ぶ 宮脇書店で「ミュージアム」【帯広】

 50種類を超えるレトルトカレーを集めた「RETORT CURRY MUSEUM(レトルトカレーミュージアム)」が、市内のイトーヨーカドー帯広店2階の宮脇書店帯広店内で開催されている。本に形が似...

十勝毎日新聞

健康な食をカフェから発信 元浜頓別町職員の細川さん【帯広】

 「Way to Go」(帯広市)社長の細川佑壱さん(41)は、長年勤めた公務員を辞め、縁のない十勝に移住して起業した。「食事を通じ、健康寿命を延ばすことに貢献したい」という夢実現のため、15日に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス