北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

洪水時の堤防決壊再現 十勝川水路で実験【幕別】

仮設した堤防が徐々に決壊する様子(黒い部分が決壊箇所)

 北海道開発局と寒地土木研究所(札幌)による河岸浸食による堤防決壊対策のための実験が23日午前、幕別町内の十勝川千代田実験水路で行われた。普段は水が流れない高水敷部分にブロックと仮設の堤防を施し、毎秒40トンの水を流して、堤防の浸食時間や形状、土砂の移動などの様子を観測した。

 道内では、2016年に洪水により各地の河川で堤防が決壊し、大きな被害が発生した。そのため、堤防決壊のメカニズムを解明し、対策工事を進めるため、実物大水路のある千代田実験水路で対策工実験を行い、効果的な堤防防護方法を検討している。

 今回は、湾曲部の高水敷にブロックを張り、仮設した堤防の浸食の進み具合や低水路の河床変動、水位・流量などを観測した。湾曲部外側の水の流れは緩やかだったが、水がぶつかり徐々に堤防が崩れ落ちていく様子が確認された。

 実河川に近い大きな実験水路があるのは道内でもここだけ。帯広開発建設部帯広河川事務所の須賀可人所長は「コンピューターによるシミュレーションや模型による実験だけでは計算通りにならず、さまざまな条件によって堤防が決壊してしまう。ここでの実験は十勝川はもちろん、他の河川にも役立てられる」と話した。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス