北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

びらとり純米酒「涼燗」に版画ラベル【平取】

【平取】町内産酒米「吟風(ぎんぷう)」を使った日本酒「びらとり純米酒 涼燗(すずらん)」に版画ラベルが誕生した。

 新ラベルは、1991年(平成3年)に平取町に移住してきた版画家、児玉美和子さん(武蔵野美大大学院修士課程卒)が作成。児玉さんは町内川向にある廃校となった旧川向小(現沙流川アート館)をアトリエに創作活動を行っている。町内の絵画サークルで絵画指導をしたり、苫小牧や東京でも個展を開催するなど活動は多岐にわたる。

 「涼燗」は、町内の農家、松原邦彦さんが収穫した平取町産酒造好適米「吟風」を町が仕込みを小樽市の田中酒造に依頼して製造している。製品名の「涼燗」には、“冷酒にしても燗酒にしても美味しいお酒”という意味を込めた。アルコール分15%。

 お酒は全体で約2000㍑製造し、それぞれの規格で瓶詰めし約2000本作成。1800㍉㍑(3245円)、720㍉㍑(1595円)、300㍉㍑(770円)。今回より「アルミ缶」が登場。持ち運びが便利でアウトドアでも大活躍。熱伝導の良いアルミ缶は冷酒や熱燗にもおすすめ。

 27日から町内のびらとり温泉ゆから(二風谷、☎2・3260)やびらとり農協(本町、T2・3280)、細川商店(貫気別、☎5・5013)、松崎商店(二風谷、☎2・2601)、エフエルマートごうや(本町、☎2・3931)、フーズショップたき(荷菜、☎2・2845)で販売を開始。

 町まちづくり課地域戦略係の石井雄吾主事は「お米のうま味と甘みが広がり、食事を引き立てるような仕上がり。ぜひ、びらとりの特産品など町内の美味しい食材と一緒に楽しんでいただきたい」とPRしている。

ラベルは桂の葉をイメージし、左から鹿・クマゲラ・すずらんの葉・アルミ缶にはヤマメをデザイン

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス