北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

えりも中1年生が植樹体験【えりも】

【えりも】えりも中(中田実千代校長)の1年生40人が1日、総合的な学習の時間に、えりも岬百人浜の国有林で植樹を体験した。えりも高(村木宗徳校長)との連携型中高一貫の環境教育「百人浜に学ぶ」フィールド学習で、ヤチダモ、ミズナラ、シラカバなど5種類の落葉広葉樹の苗木100本を植樹した。植樹に際しては、同校体育館での事前学習で、日高南部森林管理署の宮崎亙えりも治山事業所治山技術官が「百人浜緑化事業の歴史」を講演した。

 植樹体験の日には、同体育館で宮崎技術官らの指導を受けながら、苗木を植える段ボール製のカミネッコンとアルミ板 に自分の名前を入れたプレートを完成さて、スクールバスで現地へ。

 現地では、森谷幸隆日高南部森林管理署長と署員、ひだか南森林組合員、町産業振興課員ら15人がサポート。早速、宮崎技術官らの指導で、カミネッコンに苗と土壌を入れて植樹現場へ。そこはかつて、えりも高生が環境教育実習でクロマツの枝払いを終えていた林内で、中学生らは2人1組になって、森林組合員があらかじめ表土を削っておいた箇所へ、4本ずつを苗を植え付け、土をかぶせて踏み固めた。

 岩間幸大君は「高校生になってクロマツの枝払いのときに、きょうプレートをつけて植えた苗木の成長が楽しみ。植えた苗木がえりもの海を豊かにしてくれると聞いてうれしい」と話した。森谷署長は「えりも岬の緑化事業は来年で100周年を迎える。この林は一本一本、人の手で植えたことを知っておいて、さらに100年への歴史を刻もう」と生徒に呼び掛けた。最後に1年生を代表して渡部陽菜さんが礼の言葉を述べた。

2人1組で苗木を植える生徒たち

関連記事

十勝毎日新聞

勝毎花火大会とばんえい最終レースがコラボ!?【帯広】

 13日のばんえい競馬最終レース(午後8時45分発走)と、勝毎花火大会のグランドフィナーレのタイミングが偶然にも一致し、帯広競馬場で見事な動画が撮影された。  撮影したのは、ティワイネットば...

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

函館新聞

ブルーベリーふんだんに アイスとスムージー人気【函館】

 夏真っ盛りになり、ブルーベリーファーム・ホンダ(函館市陣川町、本田利春代表)が販売するブルーベリーを使ったデザートが人気を呼んでいる。アイスクリームとスムージーの2種類で、暑い夏に最適のスイー...

函館新聞

スケボー、クライミング楽しむ 函館市が施設整備に向けイベント【函館】

 函館市が主催するスケートボードとスポーツクライミングの体験会「アーバンスポーツイベント in ハコダテ」が13日、市内3会場で始まった。初日は子どもたちを中心に180人が参加。インストラクター...