北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

8月13、14日に浦河港まつり【浦河】

 浦河の夏を彩る「浦河港まつり」の開催が決まった。新型コロナウイルス感染症の影響で昨年、一昨年は中止となっていたが、3年ぶりの港まつりの開催に地域住民らの期待も膨らんでいる。

 浦河港まつり実行委員会が主催する第58回浦河港まつりは、浦河町築地の特設会場で8月13~14日の2日間の日程で行われる。実行委では、座席の間隔を広く空けるほか、密になりやすい盆踊りやふわふわホースなどのイベントは取りやめるなど、新型コロナウイルス感染防止対策を講じたうえで実施する。

 初日の13日は、午後零時に開会式、同1時からの浦河高校吹奏楽局の演奏でまつりがスタート。開会式では、餅まきや買物券などの来場者プレゼントを予定している。ステージでは、同2時20分からダンスやカラオケ優勝者が歌声を披露。また、午前11時からは室蘭開発建設部港湾事務所のパネル展や地元産の野菜を販売する地場産!軽トラ販売が行われる。

 歌謡ショーは午後7時に開幕。「浦河の夜」やヒット曲「秋冬」の演歌歌手原大輔さん、「踊るエンカーテイナー」がキャッチフレーズの恋川いろはさんが歌や踊りで会場を盛り上げる。

 14日は、エレクトーン演奏、バンド演奏、勇み駒太鼓、ダンスなどのステージ披露のほか、消防PR活動、北方領土返還署名コーナー、浦河港では、巡視艇うらづきが3回の体験航海を予定している。

 会場周辺の飲食店などの出店は、両日ともに午前11時から開始する。

 まつり最終日の夜を彩る花火大会は、午後7時50分から開始。コロナ禍で尽力する医療従事者への感謝と町民応援の願いを込め、打ち上げる花火の数を増やして実施する。

浦河港まつりをPRするポスターが完成

関連記事

十勝毎日新聞

勝毎花火大会とばんえい最終レースがコラボ!?【帯広】

 13日のばんえい競馬最終レース(午後8時45分発走)と、勝毎花火大会のグランドフィナーレのタイミングが偶然にも一致し、帯広競馬場で見事な動画が撮影された。  撮影したのは、ティワイネットば...

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

函館新聞

ブルーベリーふんだんに アイスとスムージー人気【函館】

 夏真っ盛りになり、ブルーベリーファーム・ホンダ(函館市陣川町、本田利春代表)が販売するブルーベリーを使ったデザートが人気を呼んでいる。アイスクリームとスムージーの2種類で、暑い夏に最適のスイー...

函館新聞

スケボー、クライミング楽しむ 函館市が施設整備に向けイベント【函館】

 函館市が主催するスケートボードとスポーツクライミングの体験会「アーバンスポーツイベント in ハコダテ」が13日、市内3会場で始まった。初日は子どもたちを中心に180人が参加。インストラクター...