北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

児童がご当地サンド 地元食材ふんだん 富村牛小中学校【新得】

地元食材を活用したご当地サンドを完成させた児童と保護者ら

 新得の富村牛小中学校(八幡達也校長、児童生徒14人)の小学生7人が15日、地元食材をふんだんに活用した「シカ肉ドリームベニスンサンド」と「関牧ジャージーサンド」の調理に挑戦した。児童オリジナルの“ご当地サンド”を完成させた。

 同校は昨年4月、自然に恵まれた地域の特色や特産グルメを考案する「トムラバーガープロジェクト」を立ち上げた。今回は第2弾として、昨年の「トムラバーガー」をさらにおいしく発展させた。生活科・総合学習授業として山の交流館とむらで調理が行われ、プロジェクトには、道内で唯一ジャージー牛を肉牛として生産販売する関谷牧場(関谷達司代表)や、養鹿(ようろく)と加工販売するドリームヒル・トムラウシ(古川金右・武藤栄次両代表)が協力し、地域住民も参加した。

 十勝産のパン粉や学校農園で育てたミニトマトも活用。児童は、白ごまと黒ごまを入れたパン生地を作った後、フライパンを使って丁寧にシカ肉を焼き上げた。ジャージー牛はローストビーフに仕上げ、オーブンでふんわり焼いたサンドに具材を挟み、児童がタマネギやニンニクをすって作った和風簡単ソースやタルタルソースを添えた。

 オリジナルの袋に収め、2種類のサンド各50個が完成。中学生と地域住民30人を招いたにぎやか試食会を開き、6年の男子児童は「肉を切るのがむずかしかった。肉がジューシーでおいしい」と満足げに頬張った。協力した保護者の藤原清乃さん(45)と武藤奏和さん(37)も「プロ顔負けのものができた」と喜んだ。八幡校長は「身近な食材から作り、食べるというトムラウシならではの総合学習だった」と評価していた。

関連記事

十勝毎日新聞

あふれる菜の花 黒田農場【音更】

 菜の花畑が満開となった音更町の黒田農場(下士幌48、黒田浩光さん経営)で18、19日、観賞イベントが開かれ、来場者はトレーラーの観覧車から、黄色いじゅうたんを敷き詰めたような景観を楽しんだ。 ...

十勝毎日新聞

「J」へ開幕戦勝利 スカイアース【幕別】

 社会人サッカーの第42回道リーグ(北海道サッカー協会など主催)が19日、幕別運動公園陸上競技場などで開幕した。Jリーグ参入を目指す北海道十勝スカイアース(高勝竜監督)が日本製鉄室蘭に1-0で...

十勝毎日新聞

ブラジルのダンスに笑顔 幼児、異文化触れる【帯広】

 外国の文化に触れる未就学児向けイベント「キッズ・プレイグラウンド」が18日、帯広市内の森の交流館・十勝で開かれた。親子ら約20人が参加し、ブラジルのダンスなどを楽しんだ。  帯広畜産大学の...

函館新聞

土方熱演、迫真の殺陣 箱館五稜郭祭開幕【函館】

 戊辰戦争終結150周年・第50回記念箱館五稜郭祭が18日、開幕した。五稜郭タワーアトリウムでは、初日のメインイベント「第32回土方歳三コンテスト全国大会」が開かれ、ゲスト審査員として俳優...

函館新聞

交流拠点と船お披露目 「岩部クルーズ」6月から運航【福島】

 【福島】岩部地区交流センター(岩部65)のオープンセレモニーが18日、同所で開かれ、鳴海清春町長や来賓ら34人が6月から始まる「岩部クルーズ」の交流拠点の機能を持つ同センターのオープンを...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス