北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

若菜さんがガイド、スタディートリップで阿寒湖の魅力を多角的に学ぶ【釧路】

双湖台でガイドする若菜さん(左)

 世界自然遺産の登録を目指す、国の特別天然記念物マリモを象徴とした阿寒湖沼群について学ぶ「阿寒湖周辺スタディートリップ」が30日、阿寒湖温泉地区を舞台に開かれた。釧路国際ウェットランドセンター阿寒湖沼群・マリモ研究室室長の若菜勇さんが現地ガイドを務め、参加者は双湖台やチュウルイ島でのフィールドワークなどを通じて阿寒湖の魅力を多角的に学んだ。

 市民や学生ら環境に興味

 釧路市の市制開始100年事業の一環で、「釧路のこれからの100年を考える」というテーマで実施。午前9時30分に市防災庁舎前で行われた開会式では、蝦名大也市長が「若菜さんのガイドを受けることができる貴重な機会。楽しんでほしい」とあいさつし、出発を見送った。

 好天に恵まれたこの日、双湖台や阿寒湖遊覧船、チュウルイ島、阿寒湖温泉街を舞台に、若菜さんがマリモ保護研究を通じて得た最新の知見を紹介。双湖台では、雄阿寒岳から噴出した溶岩が外輪山に接して古阿寒湖をせき止めたため、ペンケトーとパンケトーをはじめとする湖沼群が生じたことなどを説明した。

 その後、遊覧船やチュウルイ島では、阿寒カルデラ湖沼群の発達過程や、球状マリモが阿寒湖に生息するメカニズムなどを、最新のデータに基づいて説明。初めて阿寒湖温泉地区を訪れたという道教育大釧路校2年の奥山勇作さん(20)は「双湖台から見える湖の形がとても珍しくて驚いた。阿寒湖の環境やマリモについて今後も学んでいきたい」と語った。

 今回のツアーには一般市民をはじめ、大学生や短大生が大勢参加した。若菜さんは「ただの観光地としてではなく、天然の優れた教材に囲まれていることを知ってもらいたい。きょうの体験をきっかけに、まずは興味、関心を持ってもらえれば」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

十勝毎日新聞

青空に35チーム競技飛行 北海道バルーンフェスティバル 【上士幌】

 上士幌町航空公園で開かれている「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)は2日目の13日、競技飛行を行った。初日とは打って変わって澄み切った青空が広がり、全国か...

十勝毎日新聞

恒例盆おどりや太鼓、140年企画も 平原まつり14日開幕【帯広】

 「第75回おびひろ平原まつり」(帯広のまつり推進委員会)が14、15の両日、市内の平原通を中心に開かれる。市民が待ちわびた3年ぶりの開催。盆おどりや太鼓演奏など恒例の催しから、帯広市開拓140年...

十勝毎日新聞

ママチャリ42台 6時間耐久【更別】

 「全日本ママチャリ耐久レース」(実行委員会主催)が11日、更別村の十勝スピードウェイで行われた。道内中心の42チームが6時間の耐久レース完走を目指して汗を流した。  同レースは毎年行われる恒...