北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

地域共通ICポイントカード 開始へ準備着々【根室】

来週にも加盟店へ設置していくポイントカードシステム端末機

 11月1日にスタートする地域共通ICポイントカード事業の実施団体「ねむろポイントカード会」の設立総会が、29日に行われることが決まった。21日現在市内の48事業所の60店舗が加盟し、来週にも各店へポイントシステムの端末機を設置する予定。スタート直後の利用でポイントが倍になるイベントも視野に入れるなど、開始に向けた準備を本格化させている。

 現在「ポイントカード会準備室」として中核を担う市商店連合会(市商連、田中忠夫会長)によると、加盟店の一次募集は8日に締め切り、15日には加盟店を対象に同カード会の規約説明会を実施。市内の48事業所が経営する支店等を含む60店舗が参加し、徐々に体制を整えている。

 同準備室は現在、緑町1の緑町商店街振興組合事務所を間借りして作業しているが、同事務所隣りにある「だいこくや」の倉庫を改修して新たに事務所を開設。会の発足に向けて、スタートイベントの具体化や役員選考など実務的な内容を詰めている最中だ。

 想定しているイベントは、10月中旬に人数限定でカード会からポイントをプレゼントするものや、開始直後に加盟各店舗がポイントを2倍にして買い物を楽しんでもらうなどして、より多くの市民にカードを持ってもらいたい考え。

 今後は26日から加盟店へポイントシステムの端末機を順次設置し、29日午後3時から根室商工会館で「ねむろポイントカード会」の設立総会を開く。開始が迫るにつれて準備室には市民からの問い合わせも多くなっており、準備室では「1人1枚、家族ぐるみでカードを持ってほしい」と呼び掛けている。

 なお、加盟店の一次募集は締め切ったが、引き続き二次募集を行っている。二次募集以降の加盟店にはタブレット型端末機とカードリーダー、レシート発行機などカード事業を行うために必要な機材費用として5万円がかかる。月会費は1,000円。ポイント負担は1ポイントにつき2円(税別)が必要で、同時に市商連への加入も必須となっている。

 田中市商連会長は「消費の市外流出を一割でも減らしたい気持ちを原動力に、1件でも多くの事業者に加盟してほしい」と呼び掛けるとともに、カードの特色としてPRしている行政ポイントや高齢者見守りシステムについて「商売と同時に社会貢献にも力を入れなければ」と決意を新たに、市民に定着していくことを願っている。

 加盟に関する問い合わせは、ねむろポイントカード会準備室(℡0153-27-1525)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

あふれる菜の花 黒田農場【音更】

 菜の花畑が満開となった音更町の黒田農場(下士幌48、黒田浩光さん経営)で18、19日、観賞イベントが開かれ、来場者はトレーラーの観覧車から、黄色いじゅうたんを敷き詰めたような景観を楽しんだ。 ...

十勝毎日新聞

「J」へ開幕戦勝利 スカイアース【幕別】

 社会人サッカーの第42回道リーグ(北海道サッカー協会など主催)が19日、幕別運動公園陸上競技場などで開幕した。Jリーグ参入を目指す北海道十勝スカイアース(高勝竜監督)が日本製鉄室蘭に1-0で...

十勝毎日新聞

ブラジルのダンスに笑顔 幼児、異文化触れる【帯広】

 外国の文化に触れる未就学児向けイベント「キッズ・プレイグラウンド」が18日、帯広市内の森の交流館・十勝で開かれた。親子ら約20人が参加し、ブラジルのダンスなどを楽しんだ。  帯広畜産大学の...

函館新聞

土方熱演、迫真の殺陣 箱館五稜郭祭開幕【函館】

 戊辰戦争終結150周年・第50回記念箱館五稜郭祭が18日、開幕した。五稜郭タワーアトリウムでは、初日のメインイベント「第32回土方歳三コンテスト全国大会」が開かれ、ゲスト審査員として俳優...

函館新聞

交流拠点と船お披露目 「岩部クルーズ」6月から運航【福島】

 【福島】岩部地区交流センター(岩部65)のオープンセレモニーが18日、同所で開かれ、鳴海清春町長や来賓ら34人が6月から始まる「岩部クルーズ」の交流拠点の機能を持つ同センターのオープンを...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス