北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

7月スルメイカ105トン 主漁場は前浜 好転期待【函館】

 函館市農林水産部がまとめた市水産物地方卸売市場での7月の生鮮スルメイカ取扱量は、前年比7・1%(8トン)減の105トンとなった。統計の残る2005年以降では、20年(74トン)、19年(91トン)に続き過去3番目に少ない。主漁場は前浜(津軽海峡)に形成されており、今後好転するか注目される。

 同部によると、7月の取扱量は上旬29トン、中旬24トン、下旬52トン。17年(155トン)、18年(135トン)、21年(113トン)と同じ過去4回目の100トン台と低調。1キロ平均単価は同9・9%(68円)高い753円で、取扱金額は同1・7%増の7877万円。

 出漁日数は昨年より2日多い25日だった。今季の漁期が始まった6月と、7月の合計は取扱量151トン(同8・6%増)で過去4番目に少なく、単価は815円(同9・2%増)、金額は1億2348万円(同19・0%増)。

 7月の漁獲について、同部は「6月が前年より良かった分、7月も右肩上がり傾向を期待したが、足踏み状態。昨年より早く津軽海峡に漁場ができており、夏場の漁獲回復を願う」としている。

 函館市中島廉売内の紺地鮮魚の紺地慶一社長(60)は「イカ釣り船は日変動はあるものの、そこそこ捕れている。新型コロナウイルスの感染拡大で飲食店の需要は厳しい。お盆に向け消費が盛り上がってほしい。サイズは今年も小型傾向」と話す。

 水産研究・教育機構が7月末にまとめた日本海(8~12月)と太平洋(8~9月)のスルメイカ長期予報によると、日本海の「道南・津軽」は来遊量が前年並みで近年平均(17~21年)を下回り、太平洋側の「津軽海峡~道南太平洋」は前年並みと予想。魚体は前年並み。

 道総研函館水試の三原栄次主任主査は「資源的に低水準な中で、7月の漁獲はほぼ前年並みとなった。イカ釣りは昨年より良かったが、定置網が振るわなかった」と振り返り「8月中旬まで低水準が続く見通しで、秋から太平洋側の群れ(冬季発生系群)が来遊するが、資源量は低い状況なので、道南での漁獲はあまり期待できないのではないか」と話している。

 函館水試の試験調査船「金星丸」は16~21日、道南太平洋でのスルメイカ来遊状況を調査する。

関連記事

十勝毎日新聞

勝毎花火大会とばんえい最終レースがコラボ!?【帯広】

 13日のばんえい競馬最終レース(午後8時45分発走)と、勝毎花火大会のグランドフィナーレのタイミングが偶然にも一致し、帯広競馬場で見事な動画が撮影された。  撮影したのは、ティワイネットば...

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

函館新聞

ブルーベリーふんだんに アイスとスムージー人気【函館】

 夏真っ盛りになり、ブルーベリーファーム・ホンダ(函館市陣川町、本田利春代表)が販売するブルーベリーを使ったデザートが人気を呼んでいる。アイスクリームとスムージーの2種類で、暑い夏に最適のスイー...

函館新聞

スケボー、クライミング楽しむ 函館市が施設整備に向けイベント【函館】

 函館市が主催するスケートボードとスポーツクライミングの体験会「アーバンスポーツイベント in ハコダテ」が13日、市内3会場で始まった。初日は子どもたちを中心に180人が参加。インストラクター...