北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

エスカル室蘭が30日に52年の歴史に幕下ろす【室蘭】

最後の宿泊客をフロントで迎えた冨永常務理事(左)とスタッフ

 船員の福利厚生施設として室蘭港とともに歩んできた室蘭船員会館・エスカル室蘭(海岸町)がきょう30日、最後の営業日を迎え、52年の歴史に幕を下ろす。

 エスカル室蘭は日本船員厚生協会が運営。1965年(昭和40年)、既に解体された旧港の文学館で海員会館として開設し、83年の室蘭港開港110周年・市制施行60年事業の一環で現在の市有地に移転新築された。ただ近年は宿泊客減で採算割れが続いていた。

 エスカルはフランス語で「寄港」を意味する。館長業務を担う同協会の冨永雄一常務理事は「エスカルの愛称は室蘭市が名付け親で全国に広まった。10年ほど前、全日本海員組合の執行部時代に出張でよくここに泊まった」という。冬場の宿泊者数は厳しかったが「おかげさまで今年の7、8、9月は満館が続き最後の頑張りになりました」。

 野口観光が建物を取得、改修し、近くホテルとして営業再開が決まった。「閉館は残念で悲しいが、スタッフも半分を受け入れてもらい建物も残る。野口観光と市に感謝したい」と述べた。

 「宮古とのフェリーも来年に就航が決まり、良い状態でお渡ししたい」と話し、最後の宿泊客18人を迎えた。

関連記事

苫小牧民報

女性自衛官候補生訓練公開 4月入隊組、笑顔で25キロ踏破

 陸上自衛隊の北部方面混成団(本部・東千歳、井上一団長)は23日、4月に入隊した女性自衛官候補生の教育訓練を、同混成団の後援会(入口博美会長)などに公開した。候補生140人が北海道大演習場(北大...

苫小牧民報

樽前山噴火での通信インフラ被害を想定 NTT東日本道事業部と陸自北部方面..

 樽前山の噴火により通信インフラに大きな被害が出たとの想定で、NTT東日本北海道事業部と陸上自衛隊北部方面隊が23日、苫小牧市若草町の中央公園で、共同防災演習を行った。関係者約300人が参加。通...

十勝毎日新聞

アスパラ 今年は豊作 収穫ピーク 商戦も活気【音更】

 さわやかな春の日差しを浴びたアスパラガスの収穫が、十勝管内の農家でピークを迎えている。2016年の台風の影響から昨年産は作柄が振るわなかったが、今年は真っすぐ伸びた形のいいアスパラが多く、「...

十勝毎日新聞

音更ら~麺組合が発足 町産素材の麺 9店でPR【音更】

 音更産の小麦とブロッコリーを使ったオリジナル麺「音更ら~麺」のブランド化などを目指す「音更ら~麺組合」(阿部利徳組合長、9店)が23日、設立された。町内で料飲業界の組合が設立されたのは初めて...

十勝毎日新聞

寺に幻想的ヨガ空間 光と音の演出導入 十勝山永祥寺【帯広】

 映像を投影するプロジェクションマッピングを導入した「お寺ヨガ」が23日夜、帯広市内の十勝山永祥寺(西3南3、織田秀道住職)の本堂で行われた。揺らめく光に彩られた神秘的空間で、参加者が静かな気...