北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

エスカル室蘭が30日に52年の歴史に幕下ろす【室蘭】

最後の宿泊客をフロントで迎えた冨永常務理事(左)とスタッフ

 船員の福利厚生施設として室蘭港とともに歩んできた室蘭船員会館・エスカル室蘭(海岸町)がきょう30日、最後の営業日を迎え、52年の歴史に幕を下ろす。

 エスカル室蘭は日本船員厚生協会が運営。1965年(昭和40年)、既に解体された旧港の文学館で海員会館として開設し、83年の室蘭港開港110周年・市制施行60年事業の一環で現在の市有地に移転新築された。ただ近年は宿泊客減で採算割れが続いていた。

 エスカルはフランス語で「寄港」を意味する。館長業務を担う同協会の冨永雄一常務理事は「エスカルの愛称は室蘭市が名付け親で全国に広まった。10年ほど前、全日本海員組合の執行部時代に出張でよくここに泊まった」という。冬場の宿泊者数は厳しかったが「おかげさまで今年の7、8、9月は満館が続き最後の頑張りになりました」。

 野口観光が建物を取得、改修し、近くホテルとして営業再開が決まった。「閉館は残念で悲しいが、スタッフも半分を受け入れてもらい建物も残る。野口観光と市に感謝したい」と述べた。

 「宮古とのフェリーも来年に就航が決まり、良い状態でお渡ししたい」と話し、最後の宿泊客18人を迎えた。

関連記事

函館新聞

若者特化のコワーキング「D-SPACE」開設【函館】

 グローバル・エデュケーション・デザイン(藤澤義博社長)は12日、函館市杉並町8のオカダビル1階にコミュニティ&コワーキング・ラボラトリー「D-SPACE(ディー・スペース)」(菊地優代表)を開...

函館新聞

函館どつくで今年最後の進水式【函館】

 函館どつく函館造船所(函館市弁天町)の今年最後の進水式が13日、同造船所で行われた。約300人が見物に訪れ、パナマの海運会社が発注した新造船「レミーエンタープライズ」(2万1550トン)の雄姿...

釧路新聞

市職員が考案の納税キャラ、ネットで話題【釧路】

 釧路市の納税課が生んだキャラクター「おさむ(仮)」が、「見た目の衝撃がすごい」とインターネット上を中心に話題を呼んでいる。インターネット交流サイト(SNS)内では「釧路に興味を持った」などと肯...

日高報知新聞

旅した時代を振り返る【平取】

【平取】英国の女性旅行家イザベラ・バードの来道140周年記念シンポジウム「写真でたどるバードの道」が10日、町内二風谷の沙流川歴史館で開かれた。イザベラ・バードの道を辿る会主催。  バード女史は明...

日高報知新聞

「飲酒運転根絶宣言事業者」

 飲酒運転根絶を一層推進するため、日高振興局は9日から「飲酒運転根絶宣言事業者等登録制度」の登録事業者の募集を開始した。この制度は道と道警が連携して行う道内で初の取り組みで、12月から登録証の交付を...