北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

最新の選果機で本稼動 様似いちご共同選果場

28日から本稼働に入った様似いちご共同選果場

 ひだか東農協(本所・浦河町)が様似町緑町の様似支所内に整備していた「様似いちご共同選果場」が完成し、21日からの試運転に続き、28日から本稼働に入った。最新の選果機を導入した施設で、10月5日に同所で完成を祝う竣工式を行う。

 同農協のイチゴの選果場は、浦河町堺町の共同選果場に次いで2カ所目。浦河、様似の夏秋イチゴ「すずあかね」の増産に伴い、堺町の選果場の処理能力が限界に近づき、新規就農などで29年度以降も毎年30㌧ずつ増産となる計画のため、新たな選果場を様似町に整備した。

 新選果場は鉄骨造平屋建ての支所施設の生活店舗部分(旧Aコープさまに店)を閉鎖し整備。延べ床面積1387・5平方㍍。改修面積約830平方㍍。

 建築(建築主体、電気設備、機械設備)と冷蔵庫・選果機の一括発注工事で、町内の池田建設が請け負った。

 28日から本稼働した選果場にはパート従業員14人が従事。現在は秋どりイチゴの繁忙期で、各農家から集められたイチゴは専用の容器(パン)に一粒ずつ載せ、重量や形、色合い、硬さなどを自動計測しながら、人によるケース詰めまで一連の作業を最新機器の導入で効率化を図っている。

 竣工式は10月5日午前10時から同選果場で開かれ、関係者が設備の完成を祝う。

関連記事

日高報知新聞

「困っている人」に2万1926円

【新ひだか】静内幼稚園(中舘吉達園長、園児120人)の園児代表4人が12日、町社協を訪れ、園児たちが小遣いを出し合って集めた歳末たすけあい運動の寄付金2万1926円を町共同募金委員会の佐藤雅裕会長に...

日高報知新聞

「のぼり」と「ポスター」

 「優駿日高道 オールひだか魅力発信キャンペーン」として、来年3月予定の日高自動車道厚賀IC(インターチェンジ)開通と日高の魅力をアピールする「のぼり」と「ポスター」を製作し、日高地域の関係機関...

苫小牧民報

身が締まり、味に太鼓判 苫小牧沖の冬ホッキ漁最盛期

 苫小牧沖の冬ホッキ漁が最盛期に入った。今シーズンの漁は1日に始まり、来年4月までの期間に最大20隻が操業に当たる。ホッキ貝の水揚げ量日本一を誇る苫小牧の漁港は早朝から活気付いている。  13...

十勝毎日新聞

クリスマス祈り厳か 聖公会幼稚園【帯広】

 帯広聖公会幼稚園(鈴木典明園長、園児104人)の礼拝堂で、14日午前10時20分からクリスマス礼拝が行われた。園児らは厳かな雰囲気の中で祈りを捧げ、キリストの生誕を祝った。  園児の代表6人...

十勝毎日新聞

年末年始、宴会料理は食べきろう 市がポスター【帯広】

 宴会が多くなる年末年始に向け、外食での食べ残しを減らそうと、帯広市は啓発ポスターを作成した。職場や飲食店などで活用してもらい、食べきれるだけの量を注文してもらうよう呼び掛ける。  環境省によ...