北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

日美展で秀作受賞 北谷さん 町文化祭に展示【本別】

日美展で秀作に輝いた油彩「命の木」と北谷さん

 油彩を楽しむ「本別一画会」の会員で元町収入役の北谷昇治さん(80)が、今年の全国公募日美展(公益財団法人国際文化カレッジ主催)の絵画部門で秀作を受賞し、11月1日に開幕する町文化祭(中央公民館、3日まで)に受賞作「命の木」を展示する。北谷さんは「命の感動を多くの人に見てもらえれば」と話している。

 日美展は今年から、それぞれ別に実施してきた絵画展と水墨画展を統合し、部門化して開催した。絵画部門は油絵や水彩画、デッサン、パステルなど8部で構成され、計1563点の応募があった。うち秀作は228点。

 北谷さんは、毎年のように出品。2011年の部門統合前の日美展では、札幌のヨサコイチームを描いた作品で秀作に輝いており、今回は2回目の栄誉となる。

 油彩「命の木」は30号の大作。北谷さんが3年ほど前、胎児の生命を支える母親の胎盤などを解説したNHK番組「人体ミクロの大冒険」に感銘を受け、その構造を大木として表現した作品。血管のような木の枝を伝い、隅々まで栄養が行き渡る様子とも取れる神秘的な構図だ。

 今年4月の日美展出品に向け、3、4カ月かけて制作、6月に秀作の受賞通知があった。

 北谷さんは「若いころから描きたいと思っていたが、仕事も忙しく、本格的にやり始めたのは定年後、独学ですけどね」と話す。自宅にアトリエを構え、一画会の会員としても活動。今年80歳になるが、なお精力的に描き続けている。

関連記事

日高報知新聞

感謝の〝あんもち”【えりも】

【えりも】町郷土資料館N42度の会(新松隆会長)は8日、会の活動を支援・協力する個人や企業に感謝の気持ちを届けようと、同館で会員ら22人がもちつきに励んだ。  N42度の会は、郷土資料館の事業支援団体...

日高報知新聞

元気をあげに行こう?

【新冠】市民劇団ど・こ~れ新冠の第21回定期公演「田舎の子どもたちに元気をあげに行こう?」が8日夜、レ・コード館で開かれ、会場に詰めかけた500人の観客が子どもたちの熱演に大きな拍手を送った。  ...

苫小牧民報

JR日高線の橋梁、地震で損傷 復旧の場合は工期2年、費用5億円-富川―日高..

 JR北海道の島田修社長は12日の定例会見で、高波被害で不通が続く日高線鵡川―様似間のうち、富川―日高門別間に架かる「沙流川橋梁(きょうりょう)」(日高町)が9月の胆振東部地震で被災し、復旧する場...

苫小牧民報

千歳市消防本部で救急翻訳アプリ導入 15言語で病状など聞き取り

 増加するインバウンド(訪日外国人旅行者)への対応を充実させるため千歳市消防本部は救急隊用の多言語翻訳スマートフォンアプリ「救急ボイストラ」を導入した。消防署支笏湖温泉出張所(宮平史郎所長)は同...

十勝毎日新聞

クマさん冬眠準備 ベア・マウンテン【新得】

 クマさんも“仕事納め”-。サホロリゾート内の「ベア・マウンテン」(新得町狩勝高原、佐々木和好園長)で、飼育されているヒグマ全12頭の冬眠に入る準備が整った。  直前の10月後半から約1カ月間は...