北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

日美展で秀作受賞 北谷さん 町文化祭に展示【本別】

日美展で秀作に輝いた油彩「命の木」と北谷さん

 油彩を楽しむ「本別一画会」の会員で元町収入役の北谷昇治さん(80)が、今年の全国公募日美展(公益財団法人国際文化カレッジ主催)の絵画部門で秀作を受賞し、11月1日に開幕する町文化祭(中央公民館、3日まで)に受賞作「命の木」を展示する。北谷さんは「命の感動を多くの人に見てもらえれば」と話している。

 日美展は今年から、それぞれ別に実施してきた絵画展と水墨画展を統合し、部門化して開催した。絵画部門は油絵や水彩画、デッサン、パステルなど8部で構成され、計1563点の応募があった。うち秀作は228点。

 北谷さんは、毎年のように出品。2011年の部門統合前の日美展では、札幌のヨサコイチームを描いた作品で秀作に輝いており、今回は2回目の栄誉となる。

 油彩「命の木」は30号の大作。北谷さんが3年ほど前、胎児の生命を支える母親の胎盤などを解説したNHK番組「人体ミクロの大冒険」に感銘を受け、その構造を大木として表現した作品。血管のような木の枝を伝い、隅々まで栄養が行き渡る様子とも取れる神秘的な構図だ。

 今年4月の日美展出品に向け、3、4カ月かけて制作、6月に秀作の受賞通知があった。

 北谷さんは「若いころから描きたいと思っていたが、仕事も忙しく、本格的にやり始めたのは定年後、独学ですけどね」と話す。自宅にアトリエを構え、一画会の会員としても活動。今年80歳になるが、なお精力的に描き続けている。

関連記事

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...

函館新聞

カボチャランタンに花火 紅葉ライトアップも「大沼ハロウィンナイト」【七飯】

 【七飯】秋の大沼を楽しむイベント「第7回大沼ハロウィンナイト&紅葉ライトアップクルーズ」(ぐるり道南観光推進協議会主催)が19日、大沼公園広場で始まった。カボチャランタンや紅葉のライトア...