北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

TOWA―TOWA住民公開講座で死とケア考える【室蘭】

死との向き合い方を説く長倉住職(中央)

 TOWA―TOWA住民公開講座「生老病死とケア~人が人を助けるとは?~」が29日、室蘭市港北町の本輪西会館で行われ、受講者は僧侶の講話から、避けられない「死」との向き合い方を考えた。

 同市本輪西、港北、柏木町など蘭北地区の医療・介護事業所などでつくるチーム「TOWA―TOWA」(代表・佐藤弘太郎本輪西ファミリークリニック院長代行)と浄土真宗本願寺派胆振組ビハーラ推進委員会(日笠和也委員長)の共催。市民ら約60人が受講した。講師を務める鹿児島・善福寺の長倉伯博住職は、自身が病院の医療チームの一員として末期がんや難病の患者と接した経験から「生老病死は避けられない。生まれてきて良かったと思えるように過ごすのが大切」と説いた。

 また死を迎えようとする患者から相談を受けた場合の対応として「人間はつらいとき、悩みを打ち明ける人を選ぶ」と述べ、相手が自分を選んでくれたことへの感謝と知ったかぶりをやめ、相手と向き合う「響感(きゅうかん)」の姿勢を強調した。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...