北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

TOWA―TOWA住民公開講座で死とケア考える【室蘭】

死との向き合い方を説く長倉住職(中央)

 TOWA―TOWA住民公開講座「生老病死とケア~人が人を助けるとは?~」が29日、室蘭市港北町の本輪西会館で行われ、受講者は僧侶の講話から、避けられない「死」との向き合い方を考えた。

 同市本輪西、港北、柏木町など蘭北地区の医療・介護事業所などでつくるチーム「TOWA―TOWA」(代表・佐藤弘太郎本輪西ファミリークリニック院長代行)と浄土真宗本願寺派胆振組ビハーラ推進委員会(日笠和也委員長)の共催。市民ら約60人が受講した。講師を務める鹿児島・善福寺の長倉伯博住職は、自身が病院の医療チームの一員として末期がんや難病の患者と接した経験から「生老病死は避けられない。生まれてきて良かったと思えるように過ごすのが大切」と説いた。

 また死を迎えようとする患者から相談を受けた場合の対応として「人間はつらいとき、悩みを打ち明ける人を選ぶ」と述べ、相手が自分を選んでくれたことへの感謝と知ったかぶりをやめ、相手と向き合う「響感(きゅうかん)」の姿勢を強調した。

関連記事

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...

根室新聞

弁天島灯台守一家の空襲体験 米国で絵本に【根室】

 根室空襲を生き抜いた弁天島の灯台守一家の戦争体験が、米国で子ども向け絵本として出版される企画が進んでいる。出版のきっかけを作り、自ら絵を担当する同灯台守の孫で米国在住の木村広さん(57)が15、1...

根室新聞

厚床再生プロジェクト「防災キャンプ」企画 【根室】

 新たな地域づくりに向け、勉強会を開いている厚床地域農村再生プロジェクトチーム(リーダー、馬場晶一さん=AB―MOBIT代表)は、24、25の両日、地域住民による厚床防災キャンプを厚床会館で開く。防...

苫小牧民報

安平町の避難指示解除、最長2年に 長期化に町民から不安の声

 安平町は、胆振東部地震後に避難指示を出している地域の解除に、場所によって1年から2年かかる見通しを立てていることが分かった。住宅地の裏山崩壊の危険から避難指示を出した地域では、のり面補修工事な...