北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

田仁バドクラブ田部・毛利ペアが初の全国V狙う【壮瞥】

全国大会で上位を狙う(左から)田部と毛利

 第36回北海道小学生バドミントン大会(5年生以下男子複)で、壮瞥町の田仁バドクラブの田部時生・毛利偉人(5年)が優勝、12月に行われる全国大会に向けて調整している。初の全国大会に2人は「目標は優勝」と気合が入る。

 田部・毛利はダブルス結成4年目。昨年の同大会はベスト8で涙をのんだ。24組が出場した今回(8月・小樽市)は、初戦の横浜・羽場(清水新得ジュニア)に21―6、21―5で圧勝すると、決勝の中村・鈴木(函館・山の手ジュニアBC)も21―7、21―8と寄せ付けず。全てストレート勝ちの快進撃でV。ほぼ2桁ポイントも許さず、「負ける気がしなかった。勝つ気持ちだけで戦った」(田部)、「優勝できるチャンスを逃したくなかった。チームワークで勝てた」(毛利)。西胆振勢では唯一の全国切符となった。

 2人の武器はレシーブ力。田仁バドクラブでは中学生との練習時間も多く、スピードとパワーに対応できるようになった。田仁真弓代表も「全国まで攻撃力を付けたい」と課題を挙げて上位を見据える。

 田部・毛利は「全国ではどこまでできるか分からないが、もっと体力を付けて、優勝を狙う」と声をそろえる。全国大会は12月22日から26日まで広島県で行われる。

関連記事

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

十勝毎日新聞

患者搬送で大規模練習 11月移転に向けて 厚生病院【帯広】

 帯広厚生病院(菊池英明院長)は22日、11月に予定する新病院(帯広市西14南9)への移転に向け、患者搬送のリハーサルを行った。引っ越しに向けた大規模練習は2回目。8日の1回目は胆振東部地震の...

十勝毎日新聞

3人の奮闘 実話で全道へ 帯北高演劇部【帯広】

 高文連十勝支部の演劇発表大会(17、18日・帯広市民文化ホール)で2年連続の最優秀賞に輝き、11月の全道大会(札幌)出場を決めた帯広北高演劇部(顧問・加藤真紀子教諭)。今回挑んだ作品「放課後談話...

室蘭民報

エアガン専用の射撃場「遊びに来て」【豊浦】

 豊浦町の元地域おこし協力隊の大戸有道さん(51)が町内大和でエアソフトガンの専用射撃場「BLOWBACK(ブローバック)」を開業した。道内でも珍しい屋外フィールドで人気を集めている。大戸さん...

室蘭民報

さいわい福祉会が車いす利用者の浴室整備【登別】

 社会福祉法人登別さいわい福祉会(山瀬隆幸理事長)は、運営する生活介護事業所「サポートセンター心愛(ここあ)」(登別市中央町)に、車いす利用者専用の浴室を整備した。専用機器を用いることで、車...