北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

斉藤さんの愛犬サンが災害救助試験に合格【室蘭】

室蘭初のJKC公認の災害救助犬になったサンとトレーナーの小野寺さん

 室蘭市輪西町在住の斉藤圭司さんの愛犬サン(ボーダーコリー・オス・5歳)が9月4日、旭川市で行われたジャパンケネルクラブ(JKC)災害救助試験に合格。室蘭初のJKC公認の災害救助犬として登録された。

 ボーダコリーはイギリス原産の中型犬。人に懐きやすく賢いため、古くから牧羊犬として、活躍してきた。災害時の人命救助に犬が用いられた当初より実力が認められている。JKCの公認を受けているのは、今年4月1日現在、登録している犬174頭のうち7頭。

 サンは、生後4カ月から登別市札内町のトレーニングハウス・DOGTALKにしつけのため通い始めたが、好奇心が旺盛で施設にいる災害救助犬の「先輩」が取り組む訓練に強い興味を示したため、才能を見いだされ訓練を開始した。人命救助に関わる上で大切な鋭い嗅覚や大きな声は、訓練士らと大好きなかくれんぼで身に付けたという。自宅でもお気に入りのおもちゃで飼い主と綱引きを楽しむなど、元気いっぱいだ。

 旭川市で行われた試験では「待て」など人が出す指示への理解力を試す服従訓練と、がれき捜索の2種目に挑戦。がれきの山を駆け回り、素早く「要救助者」の位置をほえて教えた。訓練士の小野寺里絵さんは「どんな訓練でも楽しそうに臨む姿勢が合格につながったのでは」と今後の活躍に期待を込める。

 サンは今後、災害発生時に現場に赴き、人命救助に携わる予定。

関連記事

十勝毎日新聞

豚コレラ侵入許さぬ 防疫再徹底【十勝】

関係機関 啓発や緊急検査  本州で感染が拡大する豚コレラに、十勝の養豚関係者は警戒を強めている。近年、発生した5府県から豚を導入していないが、外国から汚染豚肉製品が持ち込まれる例が複数あり、油断で...

十勝毎日新聞

ぬかびら源泉郷「リフレッシュ部門」全国1位 温泉総選挙【上士幌】

 全国の温泉地をインターネットで順位付けする「温泉総選挙2018」のリフレッシュ部門で、ぬかびら源泉郷(上士幌)が1位に輝いた。札幌で昨年行われた全国源泉かけ流し温泉サミットで、同源泉郷旅館組合...

十勝毎日新聞

AIカメラで試合配信実験 全日本女子IH【帯広】

 帯広の森アイスアリーナで21日から24日まで開かれている第38回全日本女子アイスホッケー選手権大会A(日本アイスホッケー連盟主催)で、人工知能(AI)を使った無人の自動追跡カメラが会場に設置さ...

室蘭民報

「広報のぼりべつ」の表紙写真が道コンクールで入選【登別】

 登別市の広報誌「広報のぼりべつ」2018年11月号の表紙を飾った写真が、第65回北海道広報コンクールの一枚写真・市町村の部に入選した。雨の中、元気いっぱい走る子どもたちがたすきをつなぐ瞬間を...

室蘭民報

旧カルルス鉱山坑道跡に厳寒の造形「巨大氷筍」【登別】

 氷のタケノコ、と書いて氷筍(ひょうじゅん)。厳寒の一時期だけ姿を見せる芸術品は、天井から落ちた水が瞬時に凍り付き、繰り返すことで上部ににょきにょきと成長していく。硬い岩盤を突き破ったかの...