北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

赤飯無料配布にぎわう・11月23日「お赤飯の日」【名寄】

ミス北海道米から赤飯を受け取る市民

 名寄市もち米生産組合(神田勇一郎組合長)主催のイベント「11月23日はお赤飯の日」が23日に駅前交流プラザ「よろーな」で開かれ、名寄産新米で作った赤飯の無料配布など多くの市民でにぎわいを見せた。

 11月23日には、かつて「新嘗(にいなめ)祭」が行われ、五穀豊穣(ほうじょう)となったことに感謝するとともに、赤飯のルーツである赤米を奉納したことに由来し、赤飯文化啓発協会が毎年11月23日を「お赤飯の日」と制定。同組合も平成26年に同協会に入会し、賛助会員となっている。同組合では、もち米の消費拡大活動の一環として、名寄がもち米産地であることを広くPRするため「お赤飯の日」に合わせてイベントを企画し、今年で5年目となった。

 イベントでは、新嘗祭を再現した寸劇を披露。組合員たちが神職に扮(ふん)して登場し、バルーンアートで模した赤米や野菜などを献上したシーンから「お赤飯の日」につながることを伝えた。

 続いて、神田組合長が「名寄市内では今シーズン、295戸、3200㌶でもち米を生産。豊穣の秋を迎えることができ、おいしいもち米ができた。今日は赤飯を用意しており、日ごろから農作業している姿を思い浮かべて食べていただければ幸い」と挨拶。ミス北海道米の渡邊汐里さんは「これからも名寄のもち米、北海道のお米のPR活動を頑張っていきたい」と挨拶した。

 その後、名寄産新米の「はくちょうもち」で作った赤飯500食を用意し、無料配布。大勢の市民たちが詰め掛け、渡邊さん、同組合員、道北なよろ農協職員から赤飯を受け取った。全ての赤飯を配布でき、にぎわいを見せていた。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...