北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

赤飯無料配布にぎわう・11月23日「お赤飯の日」【名寄】

ミス北海道米から赤飯を受け取る市民

 名寄市もち米生産組合(神田勇一郎組合長)主催のイベント「11月23日はお赤飯の日」が23日に駅前交流プラザ「よろーな」で開かれ、名寄産新米で作った赤飯の無料配布など多くの市民でにぎわいを見せた。

 11月23日には、かつて「新嘗(にいなめ)祭」が行われ、五穀豊穣(ほうじょう)となったことに感謝するとともに、赤飯のルーツである赤米を奉納したことに由来し、赤飯文化啓発協会が毎年11月23日を「お赤飯の日」と制定。同組合も平成26年に同協会に入会し、賛助会員となっている。同組合では、もち米の消費拡大活動の一環として、名寄がもち米産地であることを広くPRするため「お赤飯の日」に合わせてイベントを企画し、今年で5年目となった。

 イベントでは、新嘗祭を再現した寸劇を披露。組合員たちが神職に扮(ふん)して登場し、バルーンアートで模した赤米や野菜などを献上したシーンから「お赤飯の日」につながることを伝えた。

 続いて、神田組合長が「名寄市内では今シーズン、295戸、3200㌶でもち米を生産。豊穣の秋を迎えることができ、おいしいもち米ができた。今日は赤飯を用意しており、日ごろから農作業している姿を思い浮かべて食べていただければ幸い」と挨拶。ミス北海道米の渡邊汐里さんは「これからも名寄のもち米、北海道のお米のPR活動を頑張っていきたい」と挨拶した。

 その後、名寄産新米の「はくちょうもち」で作った赤飯500食を用意し、無料配布。大勢の市民たちが詰め掛け、渡邊さん、同組合員、道北なよろ農協職員から赤飯を受け取った。全ての赤飯を配布でき、にぎわいを見せていた。

関連記事

釧路新聞

鉄道ファンにぎわう/転車台まつり【標津】

 鉄道遺産を使って町おこしを進める「標津転車台保存会」(篠田静男会長)は7日、根室標津駅跡地(標津町北1)で「根室標津転車台まつり」を開いた。  この日は、台風の影響によるあいにくの空模様だっ...

日高報知新聞

様似での約束で共演実現【新ひだか】

【新ひだか】ピアニストの川口信子さんと、浦河町在住のジャズベーシストの立花泰彦さんによるコンサートが11日夜、三石蓬栄の蓬莱音楽館で開かれ、約30人の観客がプロの演奏に酔いしれた。  川口さんは...

日高報知新聞

海自支援艦「すおう」寄港【浦河】

 12日に浦河港に寄港した海自の多用途支援艦「すおう」(艦長・矢﨑政和3等海佐、乗員45人)の一般公開が13日にあり、大勢の住民が艦内を見学した。 青森県の大湊地方隊大湊警備隊所属の同艦(全長65...

苫小牧民報

苫小牧、白老上空に竜巻の卵 気象台が注意情報発表

 苫小牧市樽前と白老町社台の境界付近で15日午前7時40分すぎ、竜巻になる前段の漏斗(ろうと)雲が発生した。北海道付近は大気の不安定な状況にあり、室蘭地方気象台は目撃情報を受けて同日午前8時20...

苫小牧民報

ブランド立ち上げ。第1弾はシイタケマリネ 白老の地域おこし協力隊の林夫妻

 地域おこし協力隊として今年6月に白老町に移住してきた林啓介さん、林オルガさん夫妻が白老の魅力を発信するブランド「GREEN OWL」を立ち上げ、第1弾として、白老のシイタケを使った「シイタケマ...