北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

西川上町内会児童部が健全育成の活動評価【登別】

北海道子ども会育成連合会から表彰を受けた西川上町内会児童部のメンバーら

 登別・西川上町内会児童部(諸岡浩之部長)が、長年にわたる子どもたちへの健全育成活動が評価され、北海道子ども会育成連合会(朝日照夫会長)から、2017年度(平成29年度)表彰(育成者・指導者組織)を受けた。日胆からは同児童部のみが対象で、諸岡部長は「町内会や児童部の先輩たちの協力があってこそ」と話している。

 同児童部は手作りのイベントを企画して、地域に住む子どもたちを楽しませており、活動年数は40年近くになる。夏に青葉小学校グラウンドで開催する花火大会は、200人が集まる一大イベント。年明けには子どもお楽しみ会と称して、活動拠点となる桜木婦人研修の家で、餅つき大会を開いている。年2回の廃品回収も行っている。

 このほか、町内会夏祭りでの子どもゲームコーナーや食品バザーを運営している。秋の町内会運動会や登別市こいのぼりマラソンではスタッフとして運営に参画している。

 10月14日に札幌市内で開かれた同連合会創立50周年記念式典の席上で表彰された。今月25日には同研修の家で、同児童部メンバーのほか町内会役員、来賓ら約40人が出席して地域親睦交流会を開いた。集合写真を撮り、諸岡部長が「子どもを取り巻く環境が変化する中で、ITではなくハートで伝えることがある」と述べ、協力を呼び掛けた。出席者も一人ずつメッセージを寄せて「これからも子どもたちのために頑張っていきたい」と口々に抱負を示した。

 諸岡部長は「町内会の先輩や、子ども会の先人が環境を整えたことで表彰された。今後も子どもたちのための活動を続けていきたい」と話した。

関連記事

日高報知新聞

ミスシンザ ンを募集【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委は、7月27、28日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催の「第34回シンザンフェスティバル」に花を添えるミスシンザン2人を6月19日まで募集する。  応募資格...

日高報知新聞

馬上結婚式のカップル【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委員会(中島雅春実行委員長)は、7月27日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催する「第34回シンザンフェスティバル」のサラブレッド馬上結婚式のカップル2組...

苫小牧民報

右肩に人工関節入れ、手術後も弓道に励む 苫小牧の山内もとさん(85)

 昨年1月、右肩に人工関節を入れる手術を受けた後も、37年間打ち込んできた弓道に励み、11月に札幌市で開かれる全道大会への出場を目指す女性がいる。苫小牧市木場町の山内もとさん(85)。全日本弓道...

苫小牧民報

かつての高校球児ら青春再び マスターズ甲子園OB定期戦

 高校野球のOBらでつくるマスターズ甲子園北海道・道央支部主催のOB定期戦が19日、苫小牧駒大グラウンドで開かれた。苫小牧市内の高校出身者を中心に10~60代の元高校球児ら20人以上が集まって交...

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...