北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

西川上町内会児童部が健全育成の活動評価【登別】

北海道子ども会育成連合会から表彰を受けた西川上町内会児童部のメンバーら

 登別・西川上町内会児童部(諸岡浩之部長)が、長年にわたる子どもたちへの健全育成活動が評価され、北海道子ども会育成連合会(朝日照夫会長)から、2017年度(平成29年度)表彰(育成者・指導者組織)を受けた。日胆からは同児童部のみが対象で、諸岡部長は「町内会や児童部の先輩たちの協力があってこそ」と話している。

 同児童部は手作りのイベントを企画して、地域に住む子どもたちを楽しませており、活動年数は40年近くになる。夏に青葉小学校グラウンドで開催する花火大会は、200人が集まる一大イベント。年明けには子どもお楽しみ会と称して、活動拠点となる桜木婦人研修の家で、餅つき大会を開いている。年2回の廃品回収も行っている。

 このほか、町内会夏祭りでの子どもゲームコーナーや食品バザーを運営している。秋の町内会運動会や登別市こいのぼりマラソンではスタッフとして運営に参画している。

 10月14日に札幌市内で開かれた同連合会創立50周年記念式典の席上で表彰された。今月25日には同研修の家で、同児童部メンバーのほか町内会役員、来賓ら約40人が出席して地域親睦交流会を開いた。集合写真を撮り、諸岡部長が「子どもを取り巻く環境が変化する中で、ITではなくハートで伝えることがある」と述べ、協力を呼び掛けた。出席者も一人ずつメッセージを寄せて「これからも子どもたちのために頑張っていきたい」と口々に抱負を示した。

 諸岡部長は「町内会の先輩や、子ども会の先人が環境を整えたことで表彰された。今後も子どもたちのための活動を続けていきたい」と話した。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...