北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

豊浦いちごを使ったソーダを20日に全国発売【豊浦】

豊浦いちごのエキスが入ったソーダを手に笑顔を見せる村井町長(左)と山本代表取締役社長

 ポッカサッポロ北海道(札幌市、山本隆二代表取締役社長)は20日、豊浦いちごのエキスを使用した「Ribbon北海道いちごソーダ」を全国発売する。ラベルには「北海道豊浦」の文字が躍り、町はまちのPRに期待を寄せている。410ミリリットルのペットボトルで140円(税抜き)。

 同社は豊浦町の代表的なイベント・世界ホタテ釣り選手権などで関わりがあり、昨年「北海道いちごソーダ」を商品化、道内限定で売り出した。

 ソーダは、原料を丸ごと粉砕、加水して搾り、水分を飛ばす―という製法で「いちごエキス」を抽出した。華やかな香りと爽やかな甘みが特徴で人気を集める。エキスは、豊浦産(品種・ジャンボレッド)が7割以上を占めている。

 ラベルに躍る「北海道豊浦」の文字は「北海道いちごソーダ」の下に入り、赤色をベースに金色の帯が高級感あるデザインを演出する。同社によると、航空会社AIR DO(エア・ドゥ)の機内ドリンクにも採用されたという。

 山本社長らが13日に役場を訪問し、完成した商品を手に「分けてもらった貴重なイチゴでできました。多くの人に飲んでもらいたいです」と感謝し、商品を紹介した。村井洋一町長は観光面などで、まちの名前を知ってもらおうと力を入れていることに触れて「商品を全国発売していただきありがたい。今後も情報を交換し、より一層連携していきたい」と笑顔を見せていた。

 同社は10月に壮瞥町産のリンゴの果汁を使った「Ribbon壮瞥りんごソーダ」を道内限定で発売している。

関連記事

十勝毎日新聞

大みそか あなたのそばに【新得】

 年の瀬の食卓を飾るそばの製造が、そばどころの新得町でピークを迎えている。新得物産(町基線104、清水輝男社長)の製麺工場内では、3メートルの細長いそばの束が簾(すだれ)のようにつるされ、従業...

室蘭民報

酒本商店で宮古の地酒2種を14日から販売【室蘭】

 室蘭市祝津町の酒本商店がきょう14日から、フェリーで来年結ばれる岩手県宮古市の地酒を販売する。1852年創業で宮古唯一の酒蔵・菱屋酒造店(斉藤鉄郎社長)の2種。酒本久也社長(61)自ら現地入...

十勝毎日新聞

元気くんバーガー登場 100%本別産食材【本別】

 道の駅ステラ★ほんべつに、100%本別産食材を使った「元気くんバーガー」が登場した。テークアウト商品の充実を図ろうと、2年がかりの第1弾。香ばしく、こってりした黒豆みそソースが豚肉とキャベツによく...

室蘭民報

「閻魔やきそば」が北海道ご当地ラリーに参加【登別】

 登別閻魔(えんま)やきそばの会(名畑泰昌会長)は、11日から始まったご当地焼きそばを食べるイベント「焼きそば王国北海道!ご当地焼きそばラリー」に参加している。道内7エリアの一つとして、"おらが...

室蘭民報

サケの「山漬け」が完成、室蘭漁協事務所で販売【室蘭】

 室蘭で水揚げされたサケの「山漬け」が今年も完成した。12日には舟見町の作業場で仕分け作業が行われた。アイヌの保存食として知られる伝統の味。16日から室蘭漁協事務所で販売される。  八雲の落...