北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

「ジャンク ジャングル キッズ」発刊【名寄】

町田さんの少年時代をうかがわせる描写もある著書

 名寄市生まれのミュージシャン、町田謙介さん(60)は、ファンタジー小説「ジャンク ジャングル キッズ」を発刊。1970年代初頭、北国のある町外れを舞台に、3人の少年が鉄くずの山を発見し、秘密基地をつくったことから展開するストーリーを描いている。

 町田さんは昭和32年、名寄市の生まれ。4歳まで名寄で暮らし、その後、教員だった父の転勤により中川町や下川町などに移り、小学3年から高校卒業まで札幌市に住んだ。多摩美術大学油画科を卒業後、東京を拠点にミュージシャンとして日本のルーツ・ミュージックシーンで活動。メジャーレーベル「P-VINE」から4枚のCDを発表している。

 名寄でも、なよろ市立天文台「きたすばる」、ホテル藤花グリュークでライブ開催。幅広い音楽活動の他に役者、デザイナーなどマルチな顔も持つ。

 「ジャンク ジャングル キッズ」は、町田さんが初めて出版した著書で、10年ほど前から手掛けていた作品。挿絵のイラストも町田さんが描き下ろしている。1970年代初頭を舞台としたファンタジーヤングアダルト小説で、澄み渡った青空の夏休み初日、北国のある町外れで、3人の少年たちが廃墟の未来都市のような鉄くずの山を発見。その奇怪で謎めいた空間にすっかり魅了された少年たちがそこに秘密基地をつくり始めることから展開されるストーリーを描いている。

 ポット出版プラス(東京都渋谷区)から発行し、A5判、224ページ。希望小売価格1300円(税抜き)。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...