北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

「ジャンク ジャングル キッズ」発刊【名寄】

町田さんの少年時代をうかがわせる描写もある著書

 名寄市生まれのミュージシャン、町田謙介さん(60)は、ファンタジー小説「ジャンク ジャングル キッズ」を発刊。1970年代初頭、北国のある町外れを舞台に、3人の少年が鉄くずの山を発見し、秘密基地をつくったことから展開するストーリーを描いている。

 町田さんは昭和32年、名寄市の生まれ。4歳まで名寄で暮らし、その後、教員だった父の転勤により中川町や下川町などに移り、小学3年から高校卒業まで札幌市に住んだ。多摩美術大学油画科を卒業後、東京を拠点にミュージシャンとして日本のルーツ・ミュージックシーンで活動。メジャーレーベル「P-VINE」から4枚のCDを発表している。

 名寄でも、なよろ市立天文台「きたすばる」、ホテル藤花グリュークでライブ開催。幅広い音楽活動の他に役者、デザイナーなどマルチな顔も持つ。

 「ジャンク ジャングル キッズ」は、町田さんが初めて出版した著書で、10年ほど前から手掛けていた作品。挿絵のイラストも町田さんが描き下ろしている。1970年代初頭を舞台としたファンタジーヤングアダルト小説で、澄み渡った青空の夏休み初日、北国のある町外れで、3人の少年たちが廃墟の未来都市のような鉄くずの山を発見。その奇怪で謎めいた空間にすっかり魅了された少年たちがそこに秘密基地をつくり始めることから展開されるストーリーを描いている。

 ポット出版プラス(東京都渋谷区)から発行し、A5判、224ページ。希望小売価格1300円(税抜き)。

関連記事

釧路新聞

鉄道ファンにぎわう/転車台まつり【標津】

 鉄道遺産を使って町おこしを進める「標津転車台保存会」(篠田静男会長)は7日、根室標津駅跡地(標津町北1)で「根室標津転車台まつり」を開いた。  この日は、台風の影響によるあいにくの空模様だっ...

日高報知新聞

様似での約束で共演実現【新ひだか】

【新ひだか】ピアニストの川口信子さんと、浦河町在住のジャズベーシストの立花泰彦さんによるコンサートが11日夜、三石蓬栄の蓬莱音楽館で開かれ、約30人の観客がプロの演奏に酔いしれた。  川口さんは...

日高報知新聞

海自支援艦「すおう」寄港【浦河】

 12日に浦河港に寄港した海自の多用途支援艦「すおう」(艦長・矢﨑政和3等海佐、乗員45人)の一般公開が13日にあり、大勢の住民が艦内を見学した。 青森県の大湊地方隊大湊警備隊所属の同艦(全長65...

苫小牧民報

苫小牧、白老上空に竜巻の卵 気象台が注意情報発表

 苫小牧市樽前と白老町社台の境界付近で15日午前7時40分すぎ、竜巻になる前段の漏斗(ろうと)雲が発生した。北海道付近は大気の不安定な状況にあり、室蘭地方気象台は目撃情報を受けて同日午前8時20...

苫小牧民報

ブランド立ち上げ。第1弾はシイタケマリネ 白老の地域おこし協力隊の林夫妻

 地域おこし協力隊として今年6月に白老町に移住してきた林啓介さん、林オルガさん夫妻が白老の魅力を発信するブランド「GREEN OWL」を立ち上げ、第1弾として、白老のシイタケを使った「シイタケマ...