北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

トイレ道植生 本格復元へ トムラウシ山【新得】

トムラウシ山岳トイレ問題の環境改善対策を話し合った会合。中央が小西部会長

 大雪山系トムラウシ山(2141メートル)南沼野営指定地の山岳トイレ問題で、関係機関が連携して環境改善に取り組む「対策部会」(部会長・小西則幸新得山岳会長)の会合が29日、町公民館で開かれた。高山植物が踏みつけられて裸地化したトイレ道の植生復元を、来年度以降、本格化させる方針などが示された。

 日本百名山の一つとして多くの登山者が訪れるトムラウシ山では、山頂付近の野営指定地で排せつ物とティッシュペーパーが大量放置され、「日本一汚い野営指定地」とも言われている。対策部会は携帯トイレの普及啓発活動や排せつ物などの回収、野営指定地の利用状況調査などに取り組んでいる。

 会議には十勝総合振興局や新得町、新得山岳会、環境省上士幌自然保護官事務所などから15人が出席。7、8月に野営指定地で登山者88人に実施したアンケートの結果が示され、84%(74人)が携帯トイレを持参していた一方、使用は54%(48人)にとどまったことなどが報告された。山で排せつ物やティッシュペーパーを回収した出席者からは「実情は数字以上にひどく、問題解決には程遠い」との声も出た。

 今後は、試験的に取り組んだトイレ道の植生復元について北海道山岳整備(上川管内当麻町)に事業委託し作業を本格化させることや、携帯トイレの普及啓発をさらに強化することを確認した。小西部会長は「短期間で解決できるものではなく、継続した活動が大切。『携帯トイレを持って行かないと恥ずかしい』というムードを早くつくりたい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

木質バイオマス増産に向け

 急増する木質バイオマス資源の需要拡大をにらみ、日高振興局と日高地域木質バイオマス資源利用推進協議会(事務局・ひだか南森林組合、小野哲弘会長)、王子木材緑化(本社・東京、大原寛信社長)の3者は1...

日高報知新聞

平取ダム早期完成の決起大会【平取】

【平取】平取ダム建設事業の早期完成を求める総決起大会が18日夜、ふれあいセンターびらとりで開かれ、町民ら約70人が参加し決議文を採択した。  主催者の川上満平取町長と鈴木修二町議会議長が、平成15年8...

根室新聞

酪農後継者ら 全道優秀賞の受賞を報告【根室】

 平成30年度北海道青年農業者会議のプロジェクト発表で優秀賞を受賞した酪農後継者の学習グループ・根室市4Hクラブ(山岸伸也会長、9人)が19日、根室市役所を訪れ、石垣雅敏市長に受賞を報告した。酪農後...

根室新聞

ユルリを考える会 島の近況を報告 25日から写真展を開催【根室】

 根室・落石地区と幻の島ユルリを考える会(田嶋靖照会長、会員65人)は19日、石垣雅敏市長を訪ねて、ユルリ島への移入馬の近況報告を含めた島の環境保全に関する活動状況を報告した。移入馬3頭については専...

根室新聞

「後継者の入会呼び掛けを促進」水晶会が総会開く【根室】

 北方領土歯舞群島の水晶島元島民と後継者で組織する根室水晶会(柏原榮会長)は17日、根室グランドホテルで平年31年度総会を開き、新年度の事業計画を決めるとともに、会長に柏原榮さんを再選した。  ...