北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

新冠町のおかげで騎手に

 新冠町出身の元JRA騎手・藤田伸二さん(45)の講演会「すべての人に感謝」(NPO法人レ・コード館自主企画委員会主催)が11月29日夜、新冠町のレ・コード館で開かれ、約200人の来場者に藤田さんが自身の半生や新冠への思いなどを語った。  藤田さんはJRA通算1918勝をあげた名騎手で、日本ダービーや有馬記念などJRAのGⅠ優勝回数は16回を誇る。フェアプレー賞を何度も受賞しており、平成16年には特別模範騎手を史上最年少で受賞するなど27年に現役を引退するまで活躍した。新冠町民栄誉賞も受賞している。  藤田さんは小学生まで町内で過ごし、貧しい生活や両親の離婚など辛い経験を持ち前の明るい性格で乗り越え、カヌーや柔道、スピードスケートなどで活躍し、新冠小時代には児童会長を務めるなど目立った少年だった。  母の再婚を機に新冠を離れ、室蘭市や小樽市で中学校生活を送り、高校には進学せずにJRA騎手を目指して旧静内町の牧場で働いていたときに、清田十一調教師と出会い、滋賀県・栗東トレーニングセンター近くでの修行を経て競馬学校の試験に合格。  平成3年のデビュー1年目から39勝をあげて最多勝利新人騎手賞を受賞。翌年にはエリザベス女王杯をタケノベルベットで制して初GⅠ制覇。8年には最高峰レースの日本ダービーをフサイチコンコルド、9年には有馬記念をシルクジャスティスで制するなどJRAを代表する騎手の一人として活躍した。  藤田さんは「騎手になったのは新冠町のおかげ。馬産地の人たちから『背が小さいから騎手になってお金持ちになりなさい』と小学校のころから言われてきたことが中学校に行ってからも残っていたので、高校進学は考えていなかった」と振り返り、「騎手になるという環境を育ててくれたのは新冠町だと思っている。ここにいる諸先輩方が僕の背中を後押ししてくれたから騎手になることができた。その感謝を込めてこの場に立たせてもらった」と話した。  現在は札幌でバーなどを経営しており、「町民栄誉賞をいただいたこの町に貢献できることがあれば、率先してやっていきたい。日高の馬がもっとGⅠを勝って、日高から良い騎手が出るようなまちづくりに貢献していきたい」と古里への思いを語った。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...