北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

白老・竹浦歯科が開院 「予防歯科に力入れたい」

「予防歯科にも力を注ぎたい」と話す川村院長

 白老町竹浦に1日、竹浦歯科が新たに開院した。前オーナーから歯科医院を引き継いだ川村周徳院長(57)が開院。川村院長は「高齢者が多い地域なので、治療はもちろんのこと、健診を通して予防歯科にも力を入れていきたい」と話している。  30年ほど前に開院した「竹浦歯科」だが、経営者の意向で10月末に閉院。歯科医院の継承者として新たに開院先を模索していた川村院長に声が掛かり、竹浦歯科を引き継ぐことが決まった。  川村院長は1986年に東日本学園大学(現北海道医療大学)歯学部を卒業。89年に小樽で開業した後、北見や宗谷管内浜頓別町で歯科医院を経営してきた。浜頓別では、川村院長が1人で全ての小中高、保育園の歯科検診を行ったり、地域の保健医療の協議の場にも参加し、歯科医の立場から地域医療の推進にも力を注いできた。  新たに開院した竹浦歯科では、「地方でも都会と同じような設備と技術を提供していきたい」とコンピューター断層撮影(CT)を導入。また、高齢者が多いことから、予防歯科や福祉施設への往診も行うほか、ニーズに応じて自宅への往診も検討している。  初めての白老に「雪が少ない地域と聞いており、過ごしやすいのでは」と期待を膨らませ、「ここで骨をうずめるつもりで歯科医院を展開していけたら」と話している。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...