北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

棒二存続署名9000筆に 文団協会長、店長に手渡す【函館】

今井会長(右)から棒二森屋の存続を求める署名を受け取る小賀店長

 函館市文化団体協議会(今井憲克会長)は4日、JR函館駅前の老舗百貨店「棒二森屋」の存続を求める署名9000筆を同店の小賀雅彦執行役員店長に手渡した。今井会長は「(署名活動中)棒二さんがなくなれば困るという声をたくさん聞いた」と述べ、文化発信の場の重要性を受け止めるよう求めた。

 署名はイオンの岡田元也社長宛てで、11月6日に開始し、加盟団体を中心に広く市民に呼び掛けた。

 市芸術ホール内の文団協事務局には、棒二森屋の催事場で展示活動を行う華道や書道、絵画など、文団協加盟団体の関係者が集まった。阿部哲治事務局長は「短期間にこの数が集まったのは画期的で、市民の関心が高い。イオンに我々の総意をお伝えしたい」と述べた。

 今井会長から署名簿を受け取った小賀店長は「これだけの署名を目の前にして重みがある。(棒二森屋が)皆さんに評価いただいてきたたまもので、きっちりと本社にもお伝えしたい」と述べた。さらに「営業終了に限って検討しているだけではなく、継続、売却、建て替えとさまざま検討している」とした。

 文団協は、年内にも工藤寿樹市長と懇談したい考えで、同市長や辻俊行教育長に対して要望活動を行う方針。

関連記事

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...

函館新聞

カボチャランタンに花火 紅葉ライトアップも「大沼ハロウィンナイト」【七飯】

 【七飯】秋の大沼を楽しむイベント「第7回大沼ハロウィンナイト&紅葉ライトアップクルーズ」(ぐるり道南観光推進協議会主催)が19日、大沼公園広場で始まった。カボチャランタンや紅葉のライトア...