北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

棒二存続署名9000筆に 文団協会長、店長に手渡す【函館】

今井会長(右)から棒二森屋の存続を求める署名を受け取る小賀店長

 函館市文化団体協議会(今井憲克会長)は4日、JR函館駅前の老舗百貨店「棒二森屋」の存続を求める署名9000筆を同店の小賀雅彦執行役員店長に手渡した。今井会長は「(署名活動中)棒二さんがなくなれば困るという声をたくさん聞いた」と述べ、文化発信の場の重要性を受け止めるよう求めた。

 署名はイオンの岡田元也社長宛てで、11月6日に開始し、加盟団体を中心に広く市民に呼び掛けた。

 市芸術ホール内の文団協事務局には、棒二森屋の催事場で展示活動を行う華道や書道、絵画など、文団協加盟団体の関係者が集まった。阿部哲治事務局長は「短期間にこの数が集まったのは画期的で、市民の関心が高い。イオンに我々の総意をお伝えしたい」と述べた。

 今井会長から署名簿を受け取った小賀店長は「これだけの署名を目の前にして重みがある。(棒二森屋が)皆さんに評価いただいてきたたまもので、きっちりと本社にもお伝えしたい」と述べた。さらに「営業終了に限って検討しているだけではなく、継続、売却、建て替えとさまざま検討している」とした。

 文団協は、年内にも工藤寿樹市長と懇談したい考えで、同市長や辻俊行教育長に対して要望活動を行う方針。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...