北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「かわいい函館」発信 ひづめみか~るさん【函館】

冬の函館にかわいいキャラクターたちが集まったイラストを描いたひづめみか~るさん

 函館出身で、女性に人気の雑貨ブランド「SWIMMER(スイマー)」のデザイナー、ひづめみか~るさんによる特別企画「ひづめみか~るが描く 『かわいい函館』」が18日、函館蔦屋書店で始まった。描き下ろしのイラストの展示やグッズ販売をはじめ、店内各所に愛らしいキャラクターたちが飾られている。

 30年の歴史を持つスイマーは2018年1月末でブランド終了を予定。みか~るさんは女子美術短期大学卒業後、1995年からスイマーのデザイナーの一人として活動し、毎年、数多くのキャラクターと商品を世に送り出してきた。デザイナー名は遺愛女子高校の2学年先輩で歌手のYUKIさんが名付け親。今年発売されたムック本「ひづめみか~るの福音コレクション」(KADOKAWA)に直筆メッセージを寄せるなど、親交が深い。

 25年ぶりに地元に戻ったみか~るさんは「食べ物もおいしく、毎日、函館山と駒ケ岳を眺めながらぜいたくだなあと思い過ごしている」と話し、今後はフリーのデザイナーとして活動。8、9月には東京と大阪で個展を開催し、国内外から多くのファンが訪れ、みか~るさんは「函館でも何かができれば楽しい予感がする」とし、同書店での特別企画につながった。

 新たに描き下ろしたイラストは、みか~るさんのふるさとに遊びに来たかのように、これまでにデザインしたキャラクターが集結。雪の函館山を中心に、路面電車やハリストス正教会なども描き、ステージでの大型モニターで28日まで展示する。

 また、2階レストランFUSUでは18年1月末まで、イラストなどを飾り、キャラクターが形になった「フルーツもりもり!森のくまちゃんパンケーキ」など、ランチョンマット付きの特別メニューを用意。グッズ、イラストの販売も行っている。同書店の丸山明さんは「かわいさやカラフルさを重視して、みか~るさんのアイデアを形にできた」と話す。

 23日午後3時からはトークショーを開催。リクエストに応じながらイラストも描く。YUKIさんがジュディ・アンド・マリー時代に開いた初の日本武道館ライブで着用したみか~るさんデザインのTシャツも展示する。みか~るさんは「函館も知らないことばかり。地元のお薦めを教えてほしい」と来場を呼び掛けている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス