北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

地元カボチャの甘酢漬け販売【下川】

町農産物加工研で開発した「カボチャの甘酢漬け」

 町農産物加工研究所(梅坪亮二所長)は、地元産カボチャ「栗味」の甘酢漬けを開発し、18日から販売している。販売担当の高野英昭さんは「小さいカボチャを半分にして漬け、皮まで柔らかく、子どもから高齢者まで幅広い世代が食べやすい味に仕上げました。年末年始の食卓、お酒やお茶のお供にどうぞ」と語る。

 同研究所は町直営で、主力商品のトマトジュース「ふるさとの元気」が好評。新たな農産物加工品開発の一環で、昨年からカボチャの甘酢漬けの試作研究を重ねてきた。開発を担当した中村麻衣子さんは「道内ではあまり売られていないものを考え、冬至、正月の販売に向けて開発を進めてきた」と話す。

 地元農家で生産されたカボチャの中には、品質が良くても規格より小さいため利用されないものもあり、これを甘酢漬けに活用。半分に切ってわたを取り除いたカボチャを塩漬けにし、水分を抜いた後、甘さを加えたリンゴ酢に漬けている。

 高野さんは「切って食べる際も繊維に対し、沿って切った場合にはパリパリ、垂直に切った場合ではシャキシャキになるなど食感にも違いが表れ、変化を楽しめる」と語る。

 価格は税込み432円。町内の寿フードセンター、名寄と下川のQマート、西條名寄店で販売し、原料のカボチャがなくなり次第終了となる。

関連記事

十勝毎日新聞

広尾スナエビでカレー 見た目イマイチ 風味抜群【帯広】

 広尾漁協青年部(辻田基樹部長、32人)はシシャモ漁で混獲される広尾産スナエビ(愛称・広尾えびじゃこ)の消費拡大を進めている。22日から帯広市内のカレー店「十勝スープカリーBelieve」(清...

室蘭民報

白老牛を今年も札幌で2月21、22日にアピール【札幌】

 白老最大の集客イベント「白老牛肉まつり」の名前を冠したグルメイベントが2月21、22の両日、札幌市中央区のジャスマックプラザホテル5階のイベントホール・ザナドゥで開催される。「シェフが丁寧に...

根室新聞

6日から「牡蠣の柳川丼」道の駅スワン44【根室】

 道の駅スワン44ねむろが月替わりで提供する「44ランチ」1月のメニューに、旬の牡蠣を使った「牡蠣の柳川丼」=写真=が登場する。直営レストランバードパルで、6日から31日まで。  「牡蠣の柳川丼」は、...

十勝毎日新聞

シカ肉とフキの缶詰「秘境めし」商品化 浜田旅館【陸別】

 陸別町内の浜田旅館(陸別37)が、混ぜご飯の素(もと)となるシカ肉とフキの缶詰「秘境めし」を商品化した。1月から道の駅オーロラタウン93りくべつ内の観光物産館などで販売され、新たな陸別の特産が...

十勝毎日新聞

大みそか あなたのそばに【新得】

 年の瀬の食卓を飾るそばの製造が、そばどころの新得町でピークを迎えている。新得物産(町基線104、清水輝男社長)の製麺工場内では、3メートルの細長いそばの束が簾(すだれ)のようにつるされ、従業...