北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

甘さ誘う 聖夜の笑顔 クリスマスイブ【帯広】

 クリスマスイブの24日、帯広市内の洋菓子店などでは、早朝からクリスマスケーキ作りが行われ、各店は予約したケーキを楽しみに受け取りに来る家族らでにぎわいを見せている。

ずらりと並んだクリスマスケーキを選ぶ家族連れら(市内のあさひやで)

 市内の「手作りケーキ工房あさひや」(西19南4、中島健智社長)では、午前5時ごろからケーキ作りの準備を開始。甘い匂いに包まれた店内では、スタッフ約25人総出で仕上げや箱詰め作業を手際よくこなした。

 午前9時の開店前には既に客が訪れ、予定を15分繰り上げて開店。店内にはクリスマスソングが流れ、ケーキを心待ちにする家族連れなどであふれた。

 同店では22~25日のクリスマス期間に、予約と店頭販売分で約3600個を用意。クッキーとアーモンドの2つの生地にカスタードクリーム、イチゴとブルーベリーが載った「ベリーベリー」(直径15.5センチ、4082円)が人気という。同店は「今年は小さいケーキの売れ行きが好調。予約だけで完売した商品もある」とする。

 一番乗りした40代女性は「生チョコケーキ」の6号と「ガトーショコラ」を購入。「家族と親戚が10人くらい集まる。みんなで食べるのが楽しみ」、22日が誕生日でクリスマスと併せて祝ってもらうという男児は、「ベリーベリーが大好きなので、毎年買ってもらっている。みんなと食べるのが楽しみ」と笑顔を見せていた。

 市内の十勝トテッポ工房(西6南17、林克彦社長)は、予約分だけで約1000個の注文が入った。売れ筋は、クレープが20層にも積み重ねられた「酪農ミルクレープ」(直径12センチ、3500円)で、同工房は「家族やグループ、お一人様など多くの方がクリスマスを楽しめるケーキを用意した」としている。

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...