北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌JC今年最後の音楽合宿誘致事業 旭川商業高が留萌入り

 一般社団法人留萌青年会議所(留萌JC、谷龍嗣理事長)の年内最後の音楽合宿誘致事業が25日、スタートした。旭川商業高校吹奏楽局の部員が、28日までの日程で留萌市文化センターや市中央公民館で練習を重ねている。

 同校の留萌での音楽合宿は今回で7回目で、同校吹奏楽局の部員96人と顧問の佐藤淳さんら教諭3人、講師2人、OB4人が留萌入りした。25日は、道路状況の悪化などに伴い、予定より1時間遅れの午後1時半ごろに部員たちを乗せたバスが市文化センター前に到着。玄関前に並んだJCのメンバー8人が部員たちに声を掛けながら出迎えた。

 歓迎セレモニーでは、谷理事長が「今回の合宿は来年2月に開かれる定期演奏会に向けてのものと聞いている。今年の演奏会は昨年以上に感動するよう、この合宿で演奏のバージョンアップを図って」と部員たちを激励。

 文化センターを管理するNPO法人留萌体育協会の職員による注意事項の説明のあと、同局の大谷優奈部長(17)が「今回の合宿は1、2年生で部活に取り組むに当たって学年ごとに課題を突き詰め、自分たちに何が足りないのかを振り返るいい時間になる。絶対に自分たちに欠けているものを見つけ、定期演奏会という大きな目標に向かって心を一つにしたい」、佐藤さんが「31回目の定期演奏会、創部91年目という新しい節目に見えないプレッシャーもあると思うが、『前回の演奏会よりしょぼいね』といわれることのないよう、この合宿でステップアップを図ってほしい」と述べた。

 部員たちはそれぞれの楽器や荷物を搬入した後、午後2時から練習を開始。各パート別や全体練習などを繰り返し、昼食、夕食の時間を除き午後10時ごろまで練習に汗を流した。

 同校吹奏楽局は市中央公民館に宿泊し、28日午前中まで市文化センターでみっちりと練習。同日午後1時からは合宿の成果を披露する無料のミニコンサートを開く。誰でも自由に入場できる。

関連記事

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...

釧路新聞

キリン「コハネ」妊娠/釧路市動物園

 釧路市動物園(古賀公也園長)は18日、飼育中のアミメキリンの「コハネ」が妊娠したと発表した。2013年に来園した「スカイ」との第1子で、来年の夏ごろ出産予定。生まれた子供の釧路での一般公開はせ...

日高報知新聞

「キムンカムイとアイヌ」

【新ひだか】町教委、アイヌ民族文化財団主催の平成30年度アイヌ工芸展「キムンカムイとアイヌ―春夏秋冬―」が15日、町博物館で始まった。11月4日までで、入場無料。  アイヌ工芸展は、アイヌ文化への国...

日高報知新聞

落下の危険性などを調査

 道内全域を対象にした9月の屋外広告物クリーン強調月間に合わせ、日高振興局と一般社団法人北海道屋外広告業団体連合会による官民連携屋外広告物安全対策パトロールが14日、飲食店が集まる浦河町堺町地区で行...