北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「花道飾り夢みたい」

【日高】24日に中山競馬場で行われた中央競馬GⅠレース・第62回有馬記念(芝2500㍍)を最後に引退するキタサンブラックの優勝に、生産者の日高町福満のヤナガワ牧場は沸いた。

 ヤナガワ牧場は共に獣医師の梁川正雄・正克さん親子が昭和42年に創業。現在は正克さんの長男・正晋(まさひろ)さん(47)が社長で、繁殖牝馬など年間120頭ほどをけい養。

 同牧場の中央GⅠ優勝馬はサンライズバッカス(フェブラリーステークス)、コパノリチャード(高松宮記念)、コパノリッキー(フェブラリーステークス)、キタサンブラックの4頭がおり、これでGⅠ制覇は11度目となる。

 この日、正晋社長は中山競馬場で愛馬を応援。父で会長の正克さん(74)と母の弘子さんら家族が自宅事務所のテレビでレースを見守った。

 結果を見届けた正克さんは「何はともあれ無事完走してくれればというのが牧場の皆の願い。馬主の北島三郎さんの喜びはひとしおに違いない。日本一の武豊騎手のたずなさばきもみごと。ブラックのラストランの花道を飾ってくれた。まさに牧場主冥利。夢みたいだ」と喜びを噛み締め、「これからも初心にかえって良い馬づくりに励みたい」と謙虚に話す。

 レース直後には牧場関係者らが駆けつけてお祝いの言葉をかけ、事務所内は祝賀ムードで笑顔が弾けた。

歴代最多タイのGⅠ7勝目を喜ぶヤナガワ牧場の関係者

 祝福に駆けつけた三輪茂町長は「まさに朗報、“すばらしい”の一言で言うこと無し」と感無量の面持ちでキタサンブラックのこれまでの活躍ぶりに思いを馳せていた。

関連記事

日高報知新聞

感謝の〝あんもち”【えりも】

【えりも】町郷土資料館N42度の会(新松隆会長)は8日、会の活動を支援・協力する個人や企業に感謝の気持ちを届けようと、同館で会員ら22人がもちつきに励んだ。  N42度の会は、郷土資料館の事業支援団体...

日高報知新聞

元気をあげに行こう?

【新冠】市民劇団ど・こ~れ新冠の第21回定期公演「田舎の子どもたちに元気をあげに行こう?」が8日夜、レ・コード館で開かれ、会場に詰めかけた500人の観客が子どもたちの熱演に大きな拍手を送った。  ...

苫小牧民報

JR日高線の橋梁、地震で損傷 復旧の場合は工期2年、費用5億円-富川―日高..

 JR北海道の島田修社長は12日の定例会見で、高波被害で不通が続く日高線鵡川―様似間のうち、富川―日高門別間に架かる「沙流川橋梁(きょうりょう)」(日高町)が9月の胆振東部地震で被災し、復旧する場...

苫小牧民報

千歳市消防本部で救急翻訳アプリ導入 15言語で病状など聞き取り

 増加するインバウンド(訪日外国人旅行者)への対応を充実させるため千歳市消防本部は救急隊用の多言語翻訳スマートフォンアプリ「救急ボイストラ」を導入した。消防署支笏湖温泉出張所(宮平史郎所長)は同...

十勝毎日新聞

クマさん冬眠準備 ベア・マウンテン【新得】

 クマさんも“仕事納め”-。サホロリゾート内の「ベア・マウンテン」(新得町狩勝高原、佐々木和好園長)で、飼育されているヒグマ全12頭の冬眠に入る準備が整った。  直前の10月後半から約1カ月間は...