北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「花道飾り夢みたい」

【日高】24日に中山競馬場で行われた中央競馬GⅠレース・第62回有馬記念(芝2500㍍)を最後に引退するキタサンブラックの優勝に、生産者の日高町福満のヤナガワ牧場は沸いた。

 ヤナガワ牧場は共に獣医師の梁川正雄・正克さん親子が昭和42年に創業。現在は正克さんの長男・正晋(まさひろ)さん(47)が社長で、繁殖牝馬など年間120頭ほどをけい養。

 同牧場の中央GⅠ優勝馬はサンライズバッカス(フェブラリーステークス)、コパノリチャード(高松宮記念)、コパノリッキー(フェブラリーステークス)、キタサンブラックの4頭がおり、これでGⅠ制覇は11度目となる。

 この日、正晋社長は中山競馬場で愛馬を応援。父で会長の正克さん(74)と母の弘子さんら家族が自宅事務所のテレビでレースを見守った。

 結果を見届けた正克さんは「何はともあれ無事完走してくれればというのが牧場の皆の願い。馬主の北島三郎さんの喜びはひとしおに違いない。日本一の武豊騎手のたずなさばきもみごと。ブラックのラストランの花道を飾ってくれた。まさに牧場主冥利。夢みたいだ」と喜びを噛み締め、「これからも初心にかえって良い馬づくりに励みたい」と謙虚に話す。

 レース直後には牧場関係者らが駆けつけてお祝いの言葉をかけ、事務所内は祝賀ムードで笑顔が弾けた。

歴代最多タイのGⅠ7勝目を喜ぶヤナガワ牧場の関係者

 祝福に駆けつけた三輪茂町長は「まさに朗報、“すばらしい”の一言で言うこと無し」と感無量の面持ちでキタサンブラックのこれまでの活躍ぶりに思いを馳せていた。

関連記事

苫小牧民報

北電苫東厚真4号機、月内に再稼働へ 道内の安定電力供給にめど

 北海道電力は24日、胆振東部地震の影響で停止していた苫東厚真火力発電所(厚真町)の4号機(出力70万キロワット)について、月内に再稼働できる見通しになったと発表した。点検の結果、タービンの損傷...

十勝毎日新聞

華やかに練り歩き 帯廣神社秋季例大祭【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭は24日に本祭を迎えた。氏子ら約70人がみこし1基、山車4台と帯広市内を練り歩く渡御を、沿道の市民が見守った。  本祭は午前8時半から御社殿で始まり、約4...

十勝毎日新聞

交通事故根絶へ 願い込めたヒマワリ満開【新得】

 交通事故根絶の願いが込められたヒマワリが、新得小学校、新得幼稚園、新得保育所の花壇で花を咲かせている。ヒマワリを事故防止のシンボルにする「ひまわりの絆プロジェクト」に賛同し、春から大切に育てた...

十勝毎日新聞

鳥のアクセサリー 田中さん作品展示【帯広】

 帯広市の田中輝顕さん(77)の作品展「ラブバードテルアキ展」が、市内の北海道ホテル(西7南19)で開かれている。11月25日まで。  田中さんは半世紀以上にわたり、野鳥の木製アクセサリー制作...

函館新聞

Dプリンセスの「函館愛」 復興応援の横断幕を市に寄贈へ

 19日に函館港に入港したプリンセス・クルーズ社(米)の豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5906トン)で、船体に「北海道の復興を応援しています We are with you、Hokk...