北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌港の灯台が倒壊 強風による高波が原因か

土台から約3メートルの部分だけが残った留萌港西防波堤の南灯台(留萌海保提供)

倒壊前の留萌港西防波堤の南灯台(留萌海保提供)

 留萌管内は25日から26日にかけて、急速に発達した低気圧の影響で各地で最大瞬間風速が25メートルを超える強風が吹き荒れた。留萌港では26日午前9時半ごろ、市内の漁業者から灯台が折れている―との連絡が市経済港湾課に寄せられ、同課から連絡を受けた留萌海上保安部の職員2人が現場に向かい、目視で同港西防波堤の南灯台が一部を残してなくなっているのを確認した。同海保では高波を受けて倒壊したものとみており、天候が回復次第、消失部分の捜索、簡易標識の設置を行うことにしている。

 倒壊した灯台は、昭和50年10月に設置。鉄筋コンクリート造で高さ約16メートルメートル、直径約2・7メートル。黄金岬付近から北に約1・8キロメートルの距離にあり、土台を含む高さ約3メートルの部分だけが残った。

 同海保によると「強化プラスチック製の灯台が折れたといった話は聞いたことがあるが、40年以上務める職員でも、一般的に耐用年数が50年とされる鉄筋コンクリート造の灯台が高波で倒壊したという話は聞いたことがない」とし、沿岸域情報提供システムの活用や、留萌管内船舶安全対策協議会へ情報を提供するなどして、関係者に注意を呼び掛けている。

 また、灯台付近の平均水深が15メートルほどで、消失した灯台の踊り場部分の直径が約3・6メートルあり、船舶の航行に障害となる可能性があることから、天候の回復を待って消失部分の捜索にあたることにしており、併せて簡易標識を設置する。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...