北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌港の灯台が倒壊 強風による高波が原因か

土台から約3メートルの部分だけが残った留萌港西防波堤の南灯台(留萌海保提供)

倒壊前の留萌港西防波堤の南灯台(留萌海保提供)

 留萌管内は25日から26日にかけて、急速に発達した低気圧の影響で各地で最大瞬間風速が25メートルを超える強風が吹き荒れた。留萌港では26日午前9時半ごろ、市内の漁業者から灯台が折れている―との連絡が市経済港湾課に寄せられ、同課から連絡を受けた留萌海上保安部の職員2人が現場に向かい、目視で同港西防波堤の南灯台が一部を残してなくなっているのを確認した。同海保では高波を受けて倒壊したものとみており、天候が回復次第、消失部分の捜索、簡易標識の設置を行うことにしている。

 倒壊した灯台は、昭和50年10月に設置。鉄筋コンクリート造で高さ約16メートルメートル、直径約2・7メートル。黄金岬付近から北に約1・8キロメートルの距離にあり、土台を含む高さ約3メートルの部分だけが残った。

 同海保によると「強化プラスチック製の灯台が折れたといった話は聞いたことがあるが、40年以上務める職員でも、一般的に耐用年数が50年とされる鉄筋コンクリート造の灯台が高波で倒壊したという話は聞いたことがない」とし、沿岸域情報提供システムの活用や、留萌管内船舶安全対策協議会へ情報を提供するなどして、関係者に注意を呼び掛けている。

 また、灯台付近の平均水深が15メートルほどで、消失した灯台の踊り場部分の直径が約3・6メートルあり、船舶の航行に障害となる可能性があることから、天候の回復を待って消失部分の捜索にあたることにしており、併せて簡易標識を設置する。

関連記事

日高報知新聞

森林資源の有効活用【様似】

【様似】日高地区「森林・林業・林産業活性化を促進するための連絡会議」(賀集繁喜会長)主催の特別講演会が14日、町立様似図書館視聴覚ホールで開かれ、林野庁北海道森林管理局の新島俊哉局長が貴重な再生資源...

日高報知新聞

営農状況を現地調査【新ひだか・新冠】

【新ひだか・新冠】日高振興局の松浦英則局長による管内農業情勢現地調査が15日、新ひだか、新冠両町で行われ、ピーマン、ミニトマト、肉牛の選果場や生産農家を回り、現地の状況を確認した。  今年2月の大...

苫小牧民報

麻酔科医1人増で2人に 千歳市民病院、医師数過去最多39人

 市立千歳市民病院(190床)の麻酔科医が7月に1人増員され、3年ぶりに2人となる見通しだ。同病院では昨年以降、内科や外科で3人の医師が入職しており、病院全体の医師数は39人と過去最多になる。同...

苫小牧民報

豪華な飾りや塗装 苫小牧でデコトラ展示、募金イベント

 電飾やペイントなどで派手に装飾したデコレーショントラック(デコトラ)を全国から集めたチャリティーイベントが17日、苫小牧市若草町の中央公園で行われた。道内のデコトラ愛好家でつくる、北海道はまな...

釧路新聞

自然の驚異を堪能/砂岩脈「春採太郎」観察会【釧路】

 釧路市天然記念物に指定されているが、なかなか目にすることができない興津海岸の砂岩脈の観察会が16日、同海岸で行われた。根室高校の科学部が初めて参加したのをはじめ10人が参加し、流れ着いた昆布が...