北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

年越し、正月準備追い込み もち、そば…【函館】

 今年も残すところあと2日―。大みそかの年越しや正月の準備が大詰めを迎えている。もち店では深夜から未明に正月用もちの製造がピーク。そば店でも年越しそばの準備が最盛期だ。

「良い年」願い 鏡餅づくり

 ○…道南各地のもち店では新年を祝う鏡もちづくりがピーク。作業は外気が冷え込む未明からで、厳しい寒さの中で「幸せ多き年を迎えられますように」と願いを込めて丸めている。  創業1900(明治33)年の老舗「丸井栄餅」(佐藤秀昭社長)は、26日から作業を始めた。今年も風味と色合いの良さが決め手の岩手産「ヒメノモチ」を使い、「よくコメを研いでヌカを取ることでもちの香りが良くなる」と同店。29日は午前2時ごろから作業に入り、同4時にはつきたてのもちを佐藤社長(64)ら6人で手際よく丸めた。「ペタっとならないように、硬めについて風を当てるときれいに仕上がる」という。  同店の鏡もちは、水産会社や神社、一般家庭から注文がある。佐藤社長は「新年が平和な年でありますように」と仕事に精を出している。年内の営業は、31日正午ごろまで。仕事始めは1月7日。(三好若奈)

丸々とした形の良い立派な鏡もち(29日午前5時5分)

そば店 作業に追われる

 ○…市内のそば屋は年越しそばの準備に追われている。「そばと酒 柏木町三貞」(柏木町7)でも作業がピークを迎えている。  同店のそばは、そば粉100グラムに対し小麦粉20グラムで作る「外二八そば」。つゆにもこだわり、真昆布やほっき、しいたけなど10種類の具材からとっただしを一晩じっくり寝かせている。同店を運営するスリーウィッシーズカンパニーの池田有紀子社長によると、このそばとつゆの2人前セット(280グラム)は10日の予約開始から約100セットの注文があるという。  同店は、昨年10月の火災で店舗を焼失した「そば処さんてい」が今年10月に新装開店。池田幸久料理長は「火災後の空白期間が明けると、すぐにたくさんの人たちが食べに来てくれて感無量。うちで作ったそばで1年の締めを家族で温かく過ごしてほしい」笑顔で話す。年越しそばは、大晦日当日も数量限定950円で販売する。

そばを箱詰めしていく池田社長(そばと酒 柏木町三貞)

関連記事

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。  静内産米は、農産物の地産池消の...

日高報知新聞

全線復旧変えていない【浦河】

 浦河町議会は22日、町議会臨時会後に全員協議会を開き、丸4年以上運休が続くJR日高線問題について協議し、町長や各議員が意見を述べた。  12月25日の町長会議で、浦河町の池田拓町長以外の管内6町が、...

苫小牧民報

仮設店舗、被災3町で着工 計10店が入居予定、3月オープンへ

 厚真、安平、むかわ3町で、胆振東部地震で被災した小売店や飲食店などの仮設店舗の建設が始まった。3町で計10店が入居する予定で、2月末に完成、3月にオープンする。店が壊れて休業などを余儀なくされ...