北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝ワインに戌年ラベル 池田高の久常さんデザイン【池田】

久常さんが描いた戌年ラベルの「セイオロサム」の赤と白

 池田高校美術部員が描いた、来年の干支(えと)の戌(いぬ)年にちなんだラベルを貼った十勝ワインが今年も、町内の丸信新津商店(西1、新津雅弘社長)で販売されている。

 同店が高校生に地域貢献の機会をつくり、若い感性を商品に生かそうと2012年の干支(辰=たつ)に始め、今回で7年目になる。同部員3人がそれぞれ案を考え、2年生の久常優花さん(17)=本別町在住=のデザインが採用された。

 10月下旬から11月上旬ごろまで部活動の中で考えてきた。久常さんは「戌を描くのは当たり前だが、肉球で表現したら面白いと思った」と話し、白地に黒い肉球2つをシンプルに表した。同部顧問の波佐尾香織教諭は「作品が商品化されることはめったにないことで、部活動の励みになると思う」と話す。

 干支ラベルは十勝ワイン「セイオロサム」の赤(2013年物)と白(2016年物)に貼り、1本(720ミリリットル)2278円。赤白合わせて60本限定。同店の新津いづみさんは「年始の土産にはもちろん、犬好きにもお薦めしたい」とPRする。問い合わせは同店(015・572・2065)へ。

関連記事

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...

日高報知新聞

日高線協議進展なし

【新ひだか】運休が続くJR日高線について協議する日高管内の臨時町長会議が21日、公民館で開かれた。JR北海道の綿貫泰之常務が出席し、今後のあり方を話し合ったが、前回臨時会議から大きな進展はなかった。...

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...