北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

今年最後の大仕事 そば店にぎわい【帯広】

大みそかを迎え、大忙しのそば店。次々にそばがゆでられていく(「そば処丸福」で)

 大みそかの31日、帯広市内のそば店には、年越しそばを求める客が次々に訪れ、店内は大忙しとなっている。

 大正9年創業の老舗「そば処丸福」(東1南10、千葉隆一店主)では、10人態勢で午前5時から準備。店内、持ち帰り用合わせて約1000食を用意した。

 午前11時の開店前には既に客が訪れ、店内はそばを食べる人でにぎわった。小上がりの一角には持ち帰り用のセットが所狭しと並べられ、店員は予約客に手渡すなど対応に追われた。千葉店主は「みなさんの幸せを願ってそばを打っている。家でも店の味を楽しんでほしい」と気持ちを込めた。

 例年、持ち帰り用のそばを自宅で食べているという佐藤美智子さん(65)=帯広市=は、夫婦で来店。「今年は札幌に住む子どもたちが帰省しないので、2人で食べに来た。ゆっくりと新年を迎えたい」と笑顔で話した。

関連記事

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...

日高報知新聞

日高線協議進展なし

【新ひだか】運休が続くJR日高線について協議する日高管内の臨時町長会議が21日、公民館で開かれた。JR北海道の綿貫泰之常務が出席し、今後のあり方を話し合ったが、前回臨時会議から大きな進展はなかった。...

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

十勝毎日新聞

患者搬送で大規模練習 11月移転に向けて 厚生病院【帯広】

 帯広厚生病院(菊池英明院長)は22日、11月に予定する新病院(帯広市西14南9)への移転に向け、患者搬送のリハーサルを行った。引っ越しに向けた大規模練習は2回目。8日の1回目は胆振東部地震の...

十勝毎日新聞

3人の奮闘 実話で全道へ 帯北高演劇部【帯広】

 高文連十勝支部の演劇発表大会(17、18日・帯広市民文化ホール)で2年連続の最優秀賞に輝き、11月の全道大会(札幌)出場を決めた帯広北高演劇部(顧問・加藤真紀子教諭)。今回挑んだ作品「放課後談話...