北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別伊達時代村で日本伝統の正月遊びに夢中【登別】

投扇興を楽しむ親子

 江戸情緒を楽しめるテーマパーク・登別伊達時代村(登別市中登別町)は元日から営業を行い、お正月イベント「新春江戸まつり」を開催した。現代ではなかなか見られなくなった日本伝統のお正月行事が数多く展開され、登別温泉で過ごす観光客を楽しませた。

 村内では獅子舞が踊り、振る舞い酒で観光客を歓迎。台の上に置かれた的をめがけて扇子を投げ、点数を競うお座敷遊びの投扇興や書き初め、福笑い、たこ揚げ、羽根つき、かるた、だるま落としなど江戸の街並みの中、大人や子どもを問わず古き良きお正月の遊びを満喫していた。札幌市から家族4人で来村した男の子(5)は「投扇興を初めて遊んだけど楽しかった」と笑顔を見せた。

 広報の今百合子さんは「正月三が日は天候が悪い日もありましたが、全体的に会場はにぎわいました。家族連れが正月遊びに夢中で喜んでいました」とにこやかに語った。

関連記事

室蘭民報

室清水高出身で日本画家・小島さんが作品展【室蘭】

 きょう22日に開かれる室蘭清水丘高校(菅原和良校長)の創立100周年記念式典に合わせ、14期生で日本美術院特待の日本画家、小島和夫さん(72)=東京都在住=の日本画展が21日、室蘭市中央町の...

室蘭民報

即売や体験…16日に「のぼりべつ技能祭」

 第9回のぼりべつ技能祭(登別技能協会、登別職業訓練協会主催、室蘭民報社中部支社など後援)が16日、登別市青葉町の登別地方高等職業訓練校で行われる。訓練生らが手掛けた作品を販売するほか、餅まき...

室蘭民報

伊達信金のキッズ探検隊で1億円の重さ体験

 伊達信用金庫(舘崎雄二理事長)は12日、梅本町の本店で「2018だてしんキッズ探検隊」を開いた。市内の京王幼稚園、虹の橋保育園、つつじ保育所の園児ら約120人が参加し、お金の重さ体験では、1...

室蘭民報

「じゃり道工房」で優しさあふれる染め絵並ぶ【洞爺湖町】

 石川県在住の加賀友禅作家、志田弘子さんと家族による「じゃり道工房」の作品展が8日、洞爺湖町洞爺町の洞爺湖芸術館で始まった。志田さんの母親としての愛情や、命の大切さなどへの強い思いを込めた染め...

十勝毎日新聞

特製草履で挑め「世界一」 23日「ナウマン卓球」【幕別】

 「第4回全世界ナウマンぞうり卓球大会in忠類」が23日、十勝ナウマン温泉ホテルアルコ(町忠類白銀町384)で開かれる。町忠類で発掘されたナウマンゾウの化石にちなみ、特製の草履ラケットを使用。“海外...