北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

2人の五輪代表は快挙

 2月9日から開かれる韓国・平昌(ピョンチャン)オリンピック大会の男子スピードスケート日本代表に、浦河町出身の2選手が12月30日夜に決定した。ウイリアムソン師円選手(22)=浦河第二中―山形中央高―日本電産サンキョー)はソチ五輪に続き2度目、小田卓朗選手(25)=浦河第二中―山形中央高―早稲田大―開発計画研究所)は初出場。代表決定を受け、1日に浦河町の浦河インで2選手を激励する壮行会が開かれ、駆け付けた師円選手や2選手の両親を祝福。関係者は平昌五輪での活躍に期待を込め、会場は熱気に包まれた。

 12月30日まで長野市のエムウェーブで開かれた平昌五輪代表選考会で小田選手は1000㍍、1500㍍とも国内最高記録で優勝。師円選手も小田選手と対戦した1500㍍で2位に入り、今シーズンのワールドカップで団体追い抜き(チームパシュート)などの中心メンバーとしてメダルを獲得していた。

 スケート協会と師円選手の後援会が主催して1日午前に浦河インで開かれた壮行会には、師円選手と両親、師円選手の妹でジュニア強化選手のレミさん(山形中央高3年)と小田選手の両親が出席し、関係者や将来のオリンピック選手を目指す町内3少年団の子どもたちら100人近くが駆けつけ激励した。

 壮行会で池田拓町長は「浦河から2人のオリンピック代表は快挙。町民に夢と希望を与えてくれた」と述べ、「オリンピックでは精いっぱい頑張ってほしい」と2選手の健闘をたたえエールを送った。

 師円選手は「オリンピックに2人で何とか出たいと思っていたのでうれしい」「4年前は出場が目標だったが、今回はメダルを取ることを目標に、この1カ月半調整し、メダルを持って帰りたい」と力強く宣言。

 師円選手の両親や関係者と代表選考会に出向き応援した小田選手の父親の秀輝さん(56)=南組常務=は「2人が1500㍍の最終組となり1、2フィニッシュしたときは涙が止まらなく、みんなと抱き合い喜んだ」と代表選出に感激の様子だった。

 師円選手の母・啓子さんは「卓朗君はもともと実力がある選手で、今回2人が選ばれ本当に良かった」。父ポールさんは「卓朗選手と競った1500㍍(選考会)で最後の師円のインコースの走りは素晴らしかった」と振り返る。

 2人を小さいころから見てきた浦河スケート協会の小林孝範会長は「小田選手は(昨年2月札幌の)冬季アジア大会で1000㍍、1500㍍とも優勝したのが自信につながった」という。

 小林会長や小田秀輝さんによると、大半の人が知らないこととして、小田選手の代表条件は1000㍍や1500㍍での優勝だけではなく「両種目で国内記録を更新しての優勝」という非常に厳しい内容だった。「そのプレッシャーの中で挑み条件を達成したのはすごい」(小林会長)と話す。

 2人の出場に向け、12日に平昌五輪浦河協賛会を設立し、協賛金や応援イベントを予定。町もオリンピック関連の予算計上を予定している。

 小田、師円両選手は2日までに宮崎市に向かい、日本代表選手による1週間の強化合宿に入っている。引き続き長野でも調整が待っており、もう地元に帰る予定はないという。

壮行会に出席した右から小田選手の父秀輝さん、母喜代子さん、師円選手、妹レミさん、母啓子さん、父ポールさん

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...