北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

威勢良く初セリ 豊漁期待込め「手締め」=花咲市場【根室】

今年の飛躍を誓い全員で威勢良く手締めを行った

 水産都市・根室の新年の豊漁と、水産物地方卸売市場の繁栄を祈る平成30年「初セリ式」が5日、午前7時から花咲流通管理センター(花咲市場)で行われた。参列した来賓関係者、買受人らが威勢の良い「手締め」を行い、今年の取引がスタートした。

 初セリ式では同センターの「セリ場」に祭壇が設けられ、来賓、市場関係者、買受人ら約190人が参列。神職の祝詞の後、各漁協組合長、生産者、買受人代表らが玉串を捧げて、今年の各種漁業の豊漁と市内四市場の繁栄を祈願した。

 神事の後、あいさつした大坂鉄夫根室漁協組合長は、昨年の水産経済状況について、サンマの取り扱いが約2万7,000トン、86億5,000万円で、市内四市場の取り扱いは63年ぶりの低水準となる5万8,000トンほど、金額は前年を約17億円下回る206億円となったことなど厳しい状況を報告したほか、日ロ共同経済活動について、「少しでも生産原料の上がる日ロの共同経済活動になってもらうべく市、道、経済界が一体となって展開していかなければならない」と述べた。

 続いて、来賓として根室水産協会の高岡義久会長があいさつし、東京の築地で同日朝行われたマグロの初セリで、キロ単価で約4割安いマグロが重量によって最高落札になったことを引き合いに「単価がどんなに高くても最終的な水揚げ金額は数量にはかなわないということを反映した」とし、水揚げ量の確保が地域の水産業界にとって重要との認識を示して、今年のサンマや秋サケなどの大漁を願った。

 また、長谷川俊輔根室市長は、今年からスタートするサケマス対策の目玉事業のホタテの稚貝放流への支援をはじめ、国、道に対し要望している種苗生産施設、栽培漁業センターの整備などの取り組みを一層加速していくとしたほか、好評となっているふるさと納税の返礼品の大半が根室産水産物となっていることに触れ、「根室産水産物を全国に向けて積極的に売り込んでいきたいと考えている」と述べた後、参列者全員で威勢良く「手締め」を行い、今年の飛躍を誓い合った。

 式終了後の初セリでは、タラやスケソウ、カジカなどが上場され、タラ四尾入りの高値は659円、五尾入りは同648円でスタートした。また、同日根室市場と歯舞市場もそれぞれ初セリを行い、タラ、スケソウ、コマイ、チカ、ウニなどが上場され、活気づいた。

関連記事

釧路新聞

運行間近「SL冬の湿原号」が試運転。【釧路】

 東北海道の冬季観光をけん引するJR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」が27日から運行されるのに伴い、乗務員の訓練などを兼ねた試運転が17日、釧網本線の釧路―標茶間で行われた。人気撮影スポットには情...

函館新聞

五稜郭・石垣修理に着手 来年秋ごろ完成目指す【函館】

 函館市教委は、国の特別史跡・五稜郭跡一の橋広場向かいの堀石垣で、1月中旬から修理工事に着手した。著しい破損のある石を取り外し、積み直す内容で、景観を良くし観光地本来の姿を取り戻す。工事に伴い、...

函館新聞

ゴッコの季節、恵山で漁始まる【函館市】

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。  ゴッコは外観が格好悪いよ...

苫小牧民報

苫小牧のホッキ貝水揚げ 17年連続日本一

 苫小牧市の2016年ホッキ貝漁獲量は前年比30トン増の715トンで、産地の市町村別で17年連続日本一になったと、16日に同市が発表した。漁獲量全体の13%を占め、苫小牧産ホッキ貝のブランド力...

苫小牧民報

苫小牧市内の2河川、水質日本一に 苫小牧川下流と幌内川上流

 環境省がまとめた2016年度公共用水域水質測定結果で、苫小牧市内を流れる苫小牧川下流と幌内川上流が河川部門で水質日本一となった。数値が低いほど汚れが少ないことを示す水質の指標、BOD(生物化学...