北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

雪像造り本格始動 輸送開始式で安全誓う-さっぽろ雪まつり

雪輸送開始式で行われた「雪降ろし」のセレモニー。作業が本格的に始動=7日、大通公園西8丁目会場

 大通公園西8丁目会場で行われた雪輸送開始式では、星野尚夫実行委会長が「昭和30(1955)年の第6回から、自衛隊の協力を得て実施しており感謝している」とあいさつ。札幌市交通安全母の会から、作業に当たる隊員らに交通安全マスコットを贈呈。第3施設団第303ダンプ車両中隊の山田真矢陸士長と北部方面輸送隊第313輸送中隊の鹿戸萌実陸士長が「夢と希望と誇りを持てる大雪像に取り組みます」と雪まつり協力宣言。札幌観光大使フレンズの森田杏加さん(全日本空輸)、玉柳斐子さん(札幌プリンスホテル)、今田永里奈さん(丸井今井札幌本店)の3人が、隊員代表に花束を贈った。

 この後、ダンプ3台による「雪降ろし」のセレモニーを実施。作業の開始を告げた。実行委によると、雪の輸送期間は今月26日までの20日間を予定。滝野霊園、里塚霊園、当別町太美などから、5トントラックで約5500台分(大通会場3000台、つどーむ会場2500台)の雪を搬入するという。

 雪まつりは前回、過去最高の264万3000人が来場。今年は3会場合わせて計201基の雪氷像を設置予定。メイン会場の大通公園には、「奈良・薬師寺 大講堂」「ストックホルム大聖堂」「バーンスタインが遺した音楽祭」など5基の大雪像が、お目見えする。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...