北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

ゲームでアレルギー理解/道教大釧路校

 食物アレルギーについての啓発活動を行う「親子の食農共育体験あぐりちゃれんじ」の学習会が8日、道教育大学釧路校で開かれた。国奨励の教材「らんらんランチゲーム」を初めて行い、参加者が食品メニューに含まれるアレルゲンなどの理解を深めた。

 今年度の釧路市「輝くまちづくり交付金」の採択事業。らんらんランチゲームは、主要アレルゲン「乳」「小麦」「卵」などが含まれていないメニューを見極めながら手持ちのカードを入れ替えて得点を競うもので、参加者は手持ちのアレルゲンに注意しながら「竜田揚げ」や「ナシゴレン」など和洋中、エスニック、軽食の5ジャンルからメニューを慎重に選ぶ。

 食物アレルギーがない子供の親や来年度、教師になる同大の学生が参加し、アレルギーを持つ子供の親に「どんな外食店だと安心できるか」や「学校側にはどう対応してほしいか」などを意見交換した。4月から小学校教諭になる藤田理彩さん(22)は「知っているだけにとどまらず、周囲に伝えていくことも求められると強く感じた」と話していた。このほかに米粉やアーモンドミルクなど、アレルギー特定原材料27品目を使わないパンケーキを作り、4組13人の親子や学生が交流した。

 同団体の活動は6年目。食物アレルギーを持つ親子が年間約20回(月2回ペース)集まり、夏場は同大敷地内の畑でコンニャクイモなどを栽培し、冬場はノンアレルギー食材を使った調理や学習会などを開いている。

関連記事

室蘭民報

おとなのかるた大会で木札に集中し熱戦【洞爺湖町】

 新春・おとなのかるた交流大会が14日、洞爺湖町高砂のあぶた体育館であった。参加者9人が木札に集中し、熱戦を繰り広げた。  洞爺湖スポーツクラブ(青木佐智子会長)が主催し2014年(平成26...

室蘭民報

ひな人形がずらり、室蘭市内の大型店などで販売本格化【室蘭】

 室蘭市内の大型店などで、ひな人形の販売が本格化した。店頭には赤やピンク色のかわいらしいおひなさまがずらりと並び、まな娘の成長を願う両親や祖父母が好みの商品を探し求めている。  イオン室蘭店...

函館新聞

函館マラソン、エントリー2月19日開始 宿問題解消へ宿泊予約あっせん【函..

 函館市教委は16日、フル・ハーフ同時開催となって3回目の「2018函館マラソン」(7月1日、市千代台公園陸上競技場発着)について、2月19日にエントリー受け付けを開始することを明らかにした。昨...

函館新聞

「焼きピロシキ」好評 各店独自に工夫、味めぐりするファンも【函館】

 はこだて雇用創造推進協議会(会長・谷口諭函館市経済部長)が開発し、市内の6事業者が昨年12月に販売した「はこだて焼きピロシキ」が好評だ。一定のルールを基にロシア風のパンの中に各店がオリジナルの...

釧路新聞

野生動物飾る光の演出/釧路空港

 たんちょう釧路空港を利用する観光客を歓迎しようと、16日から釧路空港ターミナルビル正面のモニュメント一帯が発光ダイオード(LED)イルミネーションの彩りに包まれている。釧路空港利用整備促進期成...