北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

地域商社3月設立 観光・特産品や町プロモ【豊頃】

改修中の拠点施設を視察する委員ら

 豊頃町内で設立が予定されている地域商社は、一般社団法人「ココロコ」として3月中旬に登記する計画案が進められている。事業内容は観光や「互産互生」、町からの受託業務などを軸にする考え。町が改修中の「豊頃町まちなか活性化拠点施設」の愛称も今後決定し、4月開業を予定している。

 町や産業団体などでつくる町報徳互産互生推進協議会(会長・菅原裕一副町長)が昨年12月26日に開かれ、出席した委員ら15人が確認した。正式には関係機関の了承を得た後、2月に決める。

 「ココロコ」は、町民の「ココロ」が通うイメージと、「トヨコロ」の語呂から名付けた。法人は町や町内産業団体など6団体から運営資金を募る方針。

 事業は(1)観光・特産品(2)互産互生(3)プロモーション(4)受託業務-の4つを予定。観光では農業体験観光など販売できる商品作りや、「はるにれの木」「ジュエリーアイス」などのブランディング、観光ガイドの育成を掲げる。特産品は既存商品からブランド化を図り、付加価値創出を手掛ける。

 互産互生では、静岡県掛川市など連携都市と相互に特産品をイベント販売する他、観光客の送り込み、モニターツアーなどを行う。

 プロモーション事業では、首都圏に向けた町総合プロモーション推進事業や、ジュエリーアイスツアーのPR活動、ふるさと応援寄付金制度の推進などを計画する。

 受託業務では同拠点施設の管理・運営の他、将来的には町観光協会や町物産販路拡大協議会などの事務局を受託する考え。ふるさと納税支援業務なども町からの受託を目指す。

 人員は町職員が事務局長を務め、町地域おこし協力隊1人と町の再任用職員2人を派遣。別に1人を地域商社が独自で雇用、計5人体制とする。補助金などを活用して運営スタート。2020年度以降の自立を目標とし、収支を黒字にする計画。

 町役場内で開かれた会議の後、委員らは旧スーパーを改修中の同拠点を視察した。拠点の愛称は「ココロコテラス」とする案が上がっている。菅原会長は「町にとって大きな事業。互産互生をはじめ、町民の関心も高まってきている」と期待を寄せる。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...