北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

地域商社3月設立 観光・特産品や町プロモ【豊頃】

改修中の拠点施設を視察する委員ら

 豊頃町内で設立が予定されている地域商社は、一般社団法人「ココロコ」として3月中旬に登記する計画案が進められている。事業内容は観光や「互産互生」、町からの受託業務などを軸にする考え。町が改修中の「豊頃町まちなか活性化拠点施設」の愛称も今後決定し、4月開業を予定している。

 町や産業団体などでつくる町報徳互産互生推進協議会(会長・菅原裕一副町長)が昨年12月26日に開かれ、出席した委員ら15人が確認した。正式には関係機関の了承を得た後、2月に決める。

 「ココロコ」は、町民の「ココロ」が通うイメージと、「トヨコロ」の語呂から名付けた。法人は町や町内産業団体など6団体から運営資金を募る方針。

 事業は(1)観光・特産品(2)互産互生(3)プロモーション(4)受託業務-の4つを予定。観光では農業体験観光など販売できる商品作りや、「はるにれの木」「ジュエリーアイス」などのブランディング、観光ガイドの育成を掲げる。特産品は既存商品からブランド化を図り、付加価値創出を手掛ける。

 互産互生では、静岡県掛川市など連携都市と相互に特産品をイベント販売する他、観光客の送り込み、モニターツアーなどを行う。

 プロモーション事業では、首都圏に向けた町総合プロモーション推進事業や、ジュエリーアイスツアーのPR活動、ふるさと応援寄付金制度の推進などを計画する。

 受託業務では同拠点施設の管理・運営の他、将来的には町観光協会や町物産販路拡大協議会などの事務局を受託する考え。ふるさと納税支援業務なども町からの受託を目指す。

 人員は町職員が事務局長を務め、町地域おこし協力隊1人と町の再任用職員2人を派遣。別に1人を地域商社が独自で雇用、計5人体制とする。補助金などを活用して運営スタート。2020年度以降の自立を目標とし、収支を黒字にする計画。

 町役場内で開かれた会議の後、委員らは旧スーパーを改修中の同拠点を視察した。拠点の愛称は「ココロコテラス」とする案が上がっている。菅原会長は「町にとって大きな事業。互産互生をはじめ、町民の関心も高まってきている」と期待を寄せる。

関連記事

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードするこ...

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30...

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...