北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「110番」の適正利用を、室蘭署が大型店で呼び掛け【登別】

110番通報の模擬訓練で犯人の特徴などを伝える参加者(中央)

 室蘭署(佐竹洋一署長)は9日、登別市若山町のイオン登別店で、10日の「110番の日」に合わせた啓発活動を行い、110番の適正利用を呼び掛けた。

 署員16人と警友会室蘭支部の5人が、啓発ティッシュやチラシ150部を買い物客に配布。登別市観光PRキャラクター「登夢くん」など着ぐるみ3体も参加し、子どもたちの注目を集めた。

 店舗内のホールでは、110番通報の模擬訓練を実施。ひったくりや恐喝の事件現場に遭遇したという想定で、集まった市民は道警本部通信指令課に110番通報し、犯人の特徴などを伝えた。挑戦した幌別西小1年の羽生絆さんは「電話で説明するのが難しかった」と話した。

 同署によると、2017年(平成29年)の室蘭での110番受理件数は約4900件と、前年よりも約300件減った。刑法犯の認知件数が減少したのが要因とみている。

 最も多かったのは、「交通関係」の通報が1735件。内訳としては事故1493件、あおり運転や駐車違反など143件、当て逃げ99件。次いで多かったのは落とし物などの問い合わせ「各種照会」が805件、「犯罪情報の提供」が646件の順となった。

 同署は、事件・事故などの緊急事態には「110番」に通報し、落とし物など困りごとの相談は「#9110番」に連絡するよう呼び掛けている。同署地域課の水上正志課長は「落とし物や免許証の更新など、依然として緊急性を要しない110番通報は多い」と、市民の理解を求めている。

関連記事

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

十勝毎日新聞

患者搬送で大規模練習 11月移転に向けて 厚生病院【帯広】

 帯広厚生病院(菊池英明院長)は22日、11月に予定する新病院(帯広市西14南9)への移転に向け、患者搬送のリハーサルを行った。引っ越しに向けた大規模練習は2回目。8日の1回目は胆振東部地震の...

十勝毎日新聞

3人の奮闘 実話で全道へ 帯北高演劇部【帯広】

 高文連十勝支部の演劇発表大会(17、18日・帯広市民文化ホール)で2年連続の最優秀賞に輝き、11月の全道大会(札幌)出場を決めた帯広北高演劇部(顧問・加藤真紀子教諭)。今回挑んだ作品「放課後談話...

室蘭民報

エアガン専用の射撃場「遊びに来て」【豊浦】

 豊浦町の元地域おこし協力隊の大戸有道さん(51)が町内大和でエアソフトガンの専用射撃場「BLOWBACK(ブローバック)」を開業した。道内でも珍しい屋外フィールドで人気を集めている。大戸さん...

室蘭民報

さいわい福祉会が車いす利用者の浴室整備【登別】

 社会福祉法人登別さいわい福祉会(山瀬隆幸理事長)は、運営する生活介護事業所「サポートセンター心愛(ここあ)」(登別市中央町)に、車いす利用者専用の浴室を整備した。専用機器を用いることで、車...