北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

サンライバスキー場で13、14日にスノーボードイベント【登別】

大会をPRする実行員会組織委員長の宮武和弘さん

 アジアの各国協会公認のプロスノーボーダーで構成する「PSA ASIA」公認のスノーボード大会「ブラックパールカップ@登別サンライバ」(実行委員会主催)が13、14日、カルルス温泉サンライバスキー場で行われる。実行委員会では、13日に行われるプロ選手との交流会「ジュニアレッスン」の参加者を募っている。

 13日に行われるレッスンはプロ選手と子どもたちとの交流イベントで、午後1時ごろから行われる予定。対象は小学生から高校生で両方ターンができる人。定員は30人。プロスノーボーダーの宮武祥子さんらが講師を務める予定だ。参加費用は千円。当日の参加も受け付ける。問い合わせはメール(sig.nature.snowboard@gmail.com)へ。

 大会は競技人口の拡大、ジュニアアスリートの発掘などを狙いに、宮武さんを中心とする実行委員会が企画した。道内では15年以上プロ大会が開催されていないという。

 13日はジャイアントスラローム(大回転)、14日はデュアルスラローム(回転)が行われる予定で、各70人のプロアマの出場が見込まれている。登別が拠点のスノーボードチーム「SIG―NATURE」からも出場する予定で、多数の観戦を呼び掛けている。

関連記事

室蘭民報

西胆振の自然切り取る、「チーム雲海」が写真展【登別】

 西胆振のアマチュアカメラマンでつくる「チーム雲海」(今田丈嗣代表)のお気に入り写真展が17日、登別市緑町の市民活動センターのぼりんで始まった。西胆振を中心としたさまざまな自然の姿を撮影した作...

室蘭民報

18日から新春女流芸術展、水墨画など50点展示【伊達】

 伊達市南稀府町のギャラリーカフェ里庵(岸さちこ庵主)で18~23日、「新春女流芸術展」が開かれる。書道家として活動する庵主の岸さんと縁や絆で結ばれた、水墨画や刺しゅうなどに取り組む市内外の作...

函館新聞

2月9~11日に函館海上冬花火2018【函館】

 冬の函館ベイエリアを彩る「函館海上冬花火2018」(実行委主催)が2月9~11日に開かれる。期間中は午後7時40分から20分間、函館湾豊川埠頭(ふとう)沖から2000発の花火を打ち上げ、冬の夜...

室蘭民報

室蘭・西野製作所などが開発のEVをモーターショーに出展【札幌】

 中小機構北海道の戸田直隆本部長が10日、室蘭民報社を訪れ、同北海道が調整役となり、室蘭の西野製作所(西野義人代表取締役社長)など道内のものづくり企業10社が共同開発を進めている寒冷地仕様の小...

室蘭民報

登別伊達時代村で日本伝統の正月遊びに夢中【登別】

 江戸情緒を楽しめるテーマパーク・登別伊達時代村(登別市中登別町)は元日から営業を行い、お正月イベント「新春江戸まつり」を開催した。現代ではなかなか見られなくなった日本伝統のお正月行事が数多く...